サティスホームの哲学
住宅業界の不都合な真実家づくりを仕事にしたワケサティスホームの秘密住宅展示場がない理由

三重のサティスホームなら家購入時の注意点ノウハウあります。

三重のサティスホームなら家購入時の注意点ノウハウあります。

私たちは住宅業界で仕事をしています。
この生まれ育った三重県で住宅を建てることに誇りを持っています。
そして、断言できます。住宅業界はすばらしい業界です。
 
住宅業界には夢があります。
多くのお客様の「家族が末永く安心して暮らせる住宅を建てる」という夢を叶えるお手伝いができるのが住宅業界です。
 
そんな私たちの業界ですが、まだまだ私たちの努力が足りないようです。
一般的なよくある住宅業界の常識が、お客様を困らせたり、失望させたりしている現実があることを残念ながら認めざるを得ません。
 
長年ラジオ番組に自ら出演し、数多くのご家族に住宅を建てるときの相談に乗りながらあらゆるアドバイスをし続けている当社代表の小林は、お客様からこんな相談を受けたことがあります。
 
「広告を見て、安いなぁと思って、何件か住宅会社を廻った。結局見積もりしてもらったら、坪26万円台と広告に載っていた家が坪46万円になってしまった。快適に暮らすために当然の希望を伝えただけなのに」と。そして住宅を見て廻るたびに、しつこい営業を受け、もうくたびれてしまったと。
 
こんな質問もいただきました。
「住宅業界って、どこもこんなもんなんですか?!」
「広告と見積もりは全然違うのが当たり前なんですか?!」
 
いいえ、違います。
 
生意気なことを申し上げるつもりはありませんが、同じにしないでいただきたいというのが私たちの本音です。
 
耐震性も十分で、長年の風雨に耐え、子育て世代の夫婦、家族で安心して住み続けられる理想の高級住宅が超お値打ちに、ローコストの安心価格で立派に建てられることを、私たちは断言します。
 
私たちには、サティスホームで家を建ててくださるご家族を住宅業界にとって都合がいい間違った常識から守らなければいけません。
ですから、住宅業界にとっては不都合が真実もお伝えしなければなりません。
 
これから三重県で家を建てようとする皆様。
ぜひ、これからお話する住宅業界の不都合な真実を知ってください。
そして、理想の高級住宅を超お値打ちで手に入れて夢を叶えてください。

<住宅業界の不都合な真実>

Q なぜ?押し売りの営業?

押し売り営業で困ってしまった、そういうお話を聞かれたことはありませんか?
住宅に限らず、商品というものは、消費者の方が自由に選択するものです。
夜討ち朝駆け営業で「無理やり」売り込むものではございません。

私共は「本当に良いものを安く提供できる自信があれば、消費者の方から選んで頂ける」と考えております。

見学会にご参加された方々にも、私共の方からの売り込みは一切ありません。

尚、お知りになりたいことなどがございましたら、どんなことでもお気軽にご質問下さい。

Q なぜ?オプションってこんなに高いの?

坪単価29.8万円、26.5万円など、様々な「坪単価お値段」があります。
「あ、安いなぁ」と思って見積もりを取ってみると、「○○はオプションになります」との答え。確かに住む人にとって必要なものは違いますので、多少のオプションは仕方ないでしょう。

しかし、実際のところ、坪単価表示でいくら安くても、オプション工事によって坪38万円、40万円となっていくのはなぜでしょうか?

実はこれは本体工事とオプション工事との利益設定の違いによって起こる出来事なのです。
本体工事の部分で利益設定を抑えて、追加工事で利益をあげよう、という手法は住宅業界で横行しているのです。

坪数の表示も各社様々です。

統一した基準はありません。
同じ平面でも、会社によって坪数が違います。数字のマジックにだまされてはいけません。

坪単価だけでなく、全て入っていくらなのか?というところに注意してください。

Q なぜ?手付金ってなんのため?

「手付金を払ったら、営業マンの態度が変わった」とか「解約しても手付金を返してくれなかった(しかも100万~300万!)というお話を聞くことがあります。
これはいったいどういうことなのでしょうか?

本来、手付金というものは「工事代金に充当される性格を持つ」とされています。
つまり、工事金の支払いであるわけです。
実際、工務店が工事を始めてから初めて工事金を業者に支払います。
契約の時点ではいらないわけです。
しかし、契約時点でどうしてお金が必要になるのでしょう?

これは契約時に手付金(しかも多額の)を頂いて、お客様の気が変わらないようにしようという意味があります。
お客様を拘束する縛り付けるようなこの悪しき習慣を、私共は無くしていきたいと考えております。
ことあるごとに、アピールしていきます。

実際、私共のところに寄せられるご相談の中に、「契約を止めたいんだけど、お金を返してくれない」というものが意外と多いのです。
住宅は消費者の方が自由に選ばれるものです。
決して縛り付けるようなものであってはいけません。

Q どうしてそんなに値引きができるの?

見積りが出てきて「あんたのとこ高いよ。よそはもっと安かったよ」というと「300万円値引きします」の答え。
安くなってよかった?ちょっと待って。もし話をしなかったらどうだったのでしょう。300万円というと1人分の年収に近い金額です。
他の業界でこんな規模の値引きをするところがあるのでしょうか?

例えば、出来上がっているものであれば、安くなるのは結構うれしい限りです。商品が変わることはありません。
しかし、住宅はこれから作り上げていくものです。
金額が下がった分、どこで調整するのでしょう?見えるところは代えることが出来ないですから、
見えないところで代えていくしかありません。
つまり、隠れる部分でわからないように「手を抜いて」いく可能性があるのです。

もし、もともと値引ける商品であったとしたら、なお問題です。
そんな人を馬鹿にした話はありませんよね。何も言わなければ値引きの話をしなければ、年収に近い金額はそのままだったのでしょうか?

本来、住宅業者は、正直な、本当の見積りを作っていかなければならない、と私共は考えております。

住宅業界の不都合な真実
家づくりを仕事にしたワケ
サティスホームの秘密
住宅展示場がない理由