サティスホームの哲学
住宅業界の不都合な真実家づくりを仕事にしたワケサティスホームの秘密住宅展示場がない理由

こんな思いで|四日市の工務店サティスホームは子育て世代の味方

こんな思いで|四日市の工務店サティスホームは子育て世代の味方

こんにちは!
私はサティスホームの小林克之です。
私小林(小林家に養子にいきました)と創業者廣田は実の兄弟です。
私たちは菰野町で生まれました。小さい頃はあまり裕福ではありませんでした。
家はトタン張りの6畳1間と台所だけの家。そこに家族四人が暮らしていたのです。
トイレもお風呂も家の外でした。汲み取りのトイレは木の床に穴があいているだけのトイレ。
トイレというより、便所。夜中にトイレに行くのがとても怖くて、
いつも兄と一緒にトイレに行っていました。
 
お風呂はさらに離れていて、今で言うゴエモン風呂のようなお風呂。
 
父はほとんど家に帰らなかったので、私たちをお風呂に入れるのはいつも母でした。
母は毎晩私と兄を交互におぶって、30m離れたお風呂へ連れて行きました。
 
マキのお風呂は、入っているときにも何度か火を焚きに行かなければなりません。母は私たちをお風呂に入れては火を焚き、体を洗っては外へ火を焚きに行きました。今ではほとんど見ることのできなくなったマキをくべるお風呂です。マキのお風呂はお湯の温度を一定にするのがとても難しいのです。
 
私たちをお風呂に入れながら、母は何度かマキをくべなおしに外へ出て、釜にマキを入れ、パタパタとあおいでいました。
 
「湯加減、どう?」と母が聞きます。
 
「ええ感じになったよ」と私たちが答えると、又お風呂に戻ります。
 
お風呂が終わると、又私たちをおぶって部屋へ連れて帰るのです。
 
雨の日も、雪の日も。

私たちは毎晩、母の背中で夜空を見上げていました。
 
ほとんど湯船につかる時間の無い母の背中が、
とても冷たかったのを覚えています。

初めて家にガスのお風呂が入ったのが小学校四年生のとき。
 
「これでもう、ほんとうに楽になるわ」
そう言って喜んでいた母の顔を、今でも忘れることが出来ません。
 
兄はその時の母の喜ぶ顔を見て、
「大きくなったら家を建てる仕事をしよう」と決意しました。
小学校6年生の作文で、「けんちくせっけいぎしになって、良い家をつくります」と書いたそうです。
 
それが、私たちが家づくりの仕事を選んだきっかけなのです。
 
本当に家づくりが必要なときは「子育てのとき」。
子供たちが大きくなって巣立っていくまでの子育て世代こそが、家族に家が必要なときだと私たちは考えます。
 
ただ、子育て世代は住宅以外にも、いろいろな資金が必要になります。
高い土地や無駄な建築費用で、後々の生活を苦しくすることはもうやめて下さい。
そんな無駄なお金をかけなくても、本当に良い家が出来るのです。
 
私たちはそのための努力を日夜続けています。
 
どうか、
 
「無駄な経費は使わず、子育て世代の人生をもっと謳歌したい」
 
そんな方こそ、私たちにお声を掛けていただきたいのです。
 


 
小林克之社長小林克之こばやしかつゆき
株式会社サティスホーム代表取締役社長。
1965年生まれ。三重県四日市市在住。四日市工業高校(三重県)建築科、名城大学(愛知県)理工学部建築学科卒。兄の意志を継ぐ2代目社長として手腕を発揮、年間100棟を超える受注棟数を誇る。日本全国の工務店の集まり「安くていい家をつくる会」の模範会員として「日本の建築コスト30%削減」に精力的に取り組むかたわら、全国最大級の住宅団体ジャーブネット(約580社中)において2006~2010年度と5年連続で新世代ハウス(耐震、断熱に優れた住宅)登録棟数全国1位の成績をおさめた。とにかく現場が大好きな家づくり技術オタク。「東海地方で彼にかなう者はいない」とAQ認証構造躯体加工設計士の益山氏は語る。住宅の管理経験は軽く400棟を超える。監督時代「施工管理優秀者」日本全国1位に輝いた実績を持つ。「物づくりは人づくりから」と人情味あふれる考え方で職人教育を行い、その人気は多くの家を建てる家族からも共感を得ている。二級建築士。NPO住宅法律相談室首席アドバイザー。著書に「子育て安心住宅(日本建築出版社)」。FMラジオ番組「現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話」のパーソナリティーを務める。


子育て安心住宅

住宅業界の不都合な真実
家づくりを仕事にしたワケ
サティスホームの秘密
住宅展示場がない理由