サティスホームコミュニティ

2018年11月のレシピ

・鮭はらこ飯
・お刺身のアカモクあえ

鮭はらこ飯

鮭はらこ飯

材料:(4人分)

米2合
水340cc
鮭 切り身3切れ
酒大さじ3
みりん大さじ2
醤油大さじ3
いくらか筋子の醤油漬け 大さじ4
お好みで大葉や小ねぎの小口切り 少々

調理時間:40分

ポイント:

宮城県の郷土料理で秋のご馳走、秋鮭の炊き込みご飯です。はらことは、鮭の腹に入っている子(魚卵)、つまりいくらのことです。ほぐしていないのを筋子と呼びます。現地では、鮭を炊いた汁でご飯を炊き、鮭の腹から出したはらこを自家製の醤油漬け(いくらの醤油漬け)にしたものをのせて食べますが、今回は簡単に、鮭の切り身と市販のいくらでつくりましょう。

作り方:
鮭はらこ飯1

1.鮭の切り身を焼いてほぐし、酒、みりん、醤油で煮付ける。

鮭はらこ飯2

2.米を洗って炊飯器にいれ、水を入れる。1の鮭をザルにあげて汁を分け、その煮汁だけを水加減した炊飯器に加え、ふつうにご飯を炊く。
炊き上がりに1の鮭の身を混ぜ込む。

鮭はらこ飯3

3.鮭を混ぜたご飯を器に盛り、いくらか筋子をトッピングする。好みで大葉の千切りか、小ねぎの小口切りを散らす。

鮭はらこ飯4

4.余りはおにぎりにしても美味しいですよ!

お刺身のアカモクあえ

お刺身のアカモクあえ

材料:(2人分)

スーパーのお刺身盛り合わせ 1パック
刻みアカモク 50g
出汁醤油 大さじ4
刺身のつま、わさび 適宜

調理時間:5分

ポイント:

こちらも宮城の特産として食べられている海藻「アカモク」で、お刺身のヅケをあえたものです。スーパーのお刺身は時々生臭かったり、水っぽかったりしますよね? そういう時は、買ってきたらすぐ出汁醤油などにつけて、冷蔵庫にしまって「おきヅケ」にすると気にならなくなります。さらに、アカモクをプラスすると美味しさアップ!アカモクのネバネバ成分は栄養豊富で、がん予防やアレルギー対策にも良いスーパーフードとして注目されています。納豆に混ぜたりしても美味しいですよ!!

作り方:
お刺身のアカモクあえ1

1.アカモクは出汁醤油大さじ2で味付けしておく。

お刺身のアカモクあえ2

2.スーパーのお刺身盛り合わせはパックから切り身をだして、出汁醤油大さじ2に漬けて冷やしておく。

お刺身のアカモクあえ3

3.食べる直前に1のお刺身と、2のアカモクをあえ、器に盛ります。

サティスホームの他のサイトもご覧ください