サティスホームコミュニティ

8月のレシピ

・なすとみょうがのポン酢煮
・夏野菜と豆腐の中華サラダ

 

なすとみょうがのポン酢煮

なすとみょうがのポン酢煮

材料:(2人分)

なす 小3個
みょうが 1個
大葉 3枚
ポン酢 50ml
水 50ml
おろししょうが 小さじ1
ごま油 大さじ1/2

調理時間:15分(冷やす時間を除く)

ポイント:

みょうがの香りには、胃酸の分泌を促進することで消化吸収がアップ、食欲増進させる働きがあります。さらにポン酢に含まれるクエン酸は疲労回復に効果的。夏バテを感じたときのもう1品にぴったりです。冷やして食べると美味しいですよ。

作り方:
なすとみょうがのポン酢煮1

1.なすは乱切り、みょうがは縦半分に切ってから薄切りにして水にさらします。大葉は千切りにします。

なすとみょうがのポン酢煮2

2.フライパンにごま油をしき、なすの表面に焼き目がつくまで炒めます。

なすとみょうがのポン酢煮3

3.ポン酢、水、生姜を入れて2分ほど煮ます。

なすとみょうがのポン酢煮4

4.器に移し、粗熱をとります。みょうがを和えて冷蔵庫で冷やします。

なすとみょうがのポン酢煮5

5.お皿に盛り付け、最後に大葉をのせれば完成です。

 

夏野菜のピリ辛炒め

夏野菜と豆腐の中華サラダ

材料:(2人分)

牛肉(豚肉でも可) 60g
カクテキ(キムチでも可) 60g
なす 1本
ピーマン 1個
パプリカ 1/6個
醤油 小さじ1
サラダ油 小さじ2
塩胡椒 少々

調理時間:10分

ポイント:

夏にぴったりのピリ辛味。カクテキの甘辛さが食欲をそそり、野菜をたっぷり食べることができます!ピーマンに含まれているビタミンCは熱に強いため、炒めて食べるとgoodです!牛肉には鉄が豊富に含まれているので、疲労回復にも効果が期待できます。

作り方:
夏野菜と豆腐の中華サラダ1

1.野菜は乱切り、肉は一口大に切る。

夏野菜と豆腐の中華サラダ2

2.フライパンで油・にんにくチューブを温める。

夏野菜と豆腐の中華サラダ3

3.香りが出てきたら肉を炒める。

夏野菜と豆腐の中華サラダ4

4、野菜・カクテキ(キムチ)を追加し、塩胡椒で味を整える。醤油を鍋肌から加え。全体をよく混ぜる。

夏野菜と豆腐の中華サラダ5

5、器に盛り付けて完成です。

サティスホームの他のサイトもご覧ください