家づくりのひとときブログ
2017.01.28

みなさまこんにちは、サティスホームの小林です。

 

先週の土曜日日曜日に個別の勉強会を開催させていただきました。

今回、ご予約が取れなかったお客様、後日、勉強会を開催させていただきますね。

次回は、今回の反省やお客様の質問も取り入れたNEWバージョンの勉強会を開催しますので

楽しみにお待ちくださいね。

さてさて、今回は勉強会にはまだ早い!と思いのみなさまに

おうちづくり何から始めたらいいの?をテーマに少しだけお話ししましょう。

 

家づくりを考えたとき、誰しもが不安になること・・・

それは、当然、「失敗したくない」ということでしょう。

 

「家は三回建てないと満足のいくものはできない」

と昔から言われたりもしますが、一回目から

満足度の高い家を建てたいものです。

 

とはいえ、最初は誰しも

「なにをどうやっていったらいいか?具体的にわからない・・・」

という状態になってしまいます。

 

そして、本や雑誌を見たり、インターネットで調べたりして、

段取りのこと、お金のこと、家の基礎知識がついてくる。

しかし、いろんなことが分かってくると同時に、わからないこともまた増えます。

それが、自分の建てたい家をつくるにはいったいどうしたらいいの?

という具体的なこと。

 

・土地はどうしたらいいのか?

・理想の条件だといくらかかるのか?

・資金計画はどう立てるのがいいのか?

・予算をおさえるのはどうしたらいいのか?

・住宅ローンはいくらまで借りて大丈夫?

・いつ建てるとタイミングがいいのか?

・間取りはどこまで自由にできるのか?

・なにを重視してデザインを考えるべきか?

などなど

これらについては、自分たちだけでは解決することはできません。

実際に建築を依頼するハウスメーカーや工務店と相談することになります。

そこで、モデルハウスや展示場に行ってみたり、

完成見学会やセミナーに顔を出して、いくつかの会社に目星をつけます。

 

でも、その前にこの本をお読みください!

 

 

 

honn

サティスホームの小林社長 子育て安心住宅の寺田社長が

書いたお家づくりの根っこの根っこを書いた全231ページです。

 

今回は、小林君のブログ見たよ!とご連絡いただければ、

特別に先着2名様プレゼントしちゃいます!

まだ、会社にも社長にも了解はもらってませんが!笑

わたくしの独断と偏見でプレゼントしちゃいます!

これを読んでからおうちづくりを始めてくださいね。

 

yuka

小林でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
2017.01.23

みなさま、こんにちは、サティスホーム小林大将です。

四日市では、また明日雪予報なんですね・・・

皆さま、運転などお気を付けくださいね。

 

昨日、一昨日と個別で勉強会をさせていただきました。

 

お越しいただいたお客様本当にありがとうございました。

その勉強会でたくさん質問いただいた内容です。

「リビング階段はどうですか?」について書いてみますね。

子育て世代の方の悩ましい項目の一つですよね。

リビングの中に階段を設けるか、リビングの外に階段を設けるか?

どちらもいいですよね。

ですので、メリット・デメリットを見ていきます。

まず、

リビング階段の一番のメリットは、

家族がリビングで顔を合わせる事が増える事です。

リビングを通らないと2階に上がることができないので、

必然的に家族が顔を合わせる機会がふえるんですね。

そのため家に誰がいるのか把握しやすいですし、

お子さんが夜勝手に出歩いたりするのをかなり防ぐ事ができます。

やはり顔が見えるのに堂々と夜遊びに行きづらいですよね。

もちろん、

リビング階段だけでお子さんが夜遊びをしないとかグレるのを防げるという訳ではありません。

グレるがどうかは教育、しつけなどお子さんに対する接し方もとても重要だからなんですね。

でも、リビング階段で強制的に顔を合わせる家になる事で、

少なくとも子供の顔色であったり様子は分かるようになります。

リビング階段にする事で子供を気にかけるきっかけが増えるので、

お子さんのちょっとした変化にも気付きやすくなるという事なんですね。

その他にリビング階段にした時のメリットとして、

階段がリビングにあるので部屋が広く見えるという効果があげられます。

階段をLDKに取り込めるので、実際のLDKの広さよりも広く見えるようになるんですね。

階段自体も階段の下を壁にしたり収納にしたりするのではなく、

オープンな階段にしてあげることでさらに視界は抜けるようになります。

かっこいいリビング階段にしてあげるだけで部屋がグンとお洒落に見えるんです。

また、吹抜けとも相性が良いので、

吹抜けをつくるなら合わせてリビング階段にするのも良い方法です。

リビング階段のデメリットを見てみましょう。

まず、リビング階段のデメリットでよく話題に上がるのが、

リビング階段は寒いという話です。

確かにリビング階段の家がよく造られはじめた頃、

リビング階段にすると寒いという声を聞く事が多くありました。

家の断熱、気密性能についてそこまで重要視されていなかったので、

リビング階段にすると家が寒くなってしまったんですね。

ただ、今は断熱、気密性能の高い家が多く、

「リビング階段にすると寒い」と言う会社は自分の会社の性能は悪いですよ

と言っているのと同じという時代になりました。吹抜けが寒いというのも同じですね。

そのため、リビング階段にするなら断熱、気密性能の高い会社で家をたてるのが必須となります。

ただ、いくら性能が良くても玄関に吹抜けがある家が寒い家になりやすいように、

家の間取り次第で暑い、寒いなんて事が起こる場合があるので、

リビング階段にしても問題ない間取りにするのも重要になります。

また、いくらリビング階段が寒くないと言っても、

部屋が暖まったり冷えるにはリビング階段の方が時間が掛かります。

暖めたり冷やす体積が多いからなんですね。

これはリビング階段のデメリットと言えます。

他には、ニオイや音に関してもリビング階段の方が2階まで伝わりやすくなります。

(反対に1階から声をかけやすいというメリットもあります)

さらにはお子さんが小さい時はいいですが、

お子さんが大学生から社会人になってくると

「リビング階段はちょっと微妙」と思い始める事が多くなります。

まぁ大人ですから毎回毎回顔を合わせなくてもと思う訳ですね。

(大人になったら家から出て自立してもらうという方針の家もありますので、

そんなに気にするデメリットではありませんが・・)

もうひとつ、意外に住んでみるまで気付かないリビング階段のデメリットを1つご紹介しておきます。

リビング階段の家は家族がリビングに集まる事が多いですし、

お客さんやお子さんの友達もリビングに居たり通ったりする事になります。

言ってみれば、リビングに全ての人が集まったり通ったりする訳ですね。

そうなってくると、リビングが汚いとちょっと締まらない家になってしまいます。

そのためリビング階段の家はリビングをいつも奇麗にしておかないと、締まりのない家になってしまいやすいんですね。

また、休日にパジャマのままリビングでゴロゴロしていて、

子供の友達が「こんにちは」と遊びに来ると、ちょっと気まずいですよね。

子供の部屋にすぐ行ったとしても、

リビングでゴロゴロしている姿を見られてしまうのは気持ちいいことではありません。

何かだらしないお父さんに見られてしまうことも・・。

そのため、誰か来る事があるのかどうかを確認すると

か休みの日もある程度身だしなみを整えるなど、

ダラ〜とした感じではなく多少緊張感を持って生活する必要が出てきます。

この辺りがストレスになるのか、それともメリハリがつくので逆に良いのか。

(ダラッとするのは寝室だけにするなど)

リビング階段にする場合はこのあたりも重要なポイントなんですね。

本日はここまで~

もっと詳しく聞きたい方はいつでもおっしゃってくださいね。

 

FullSizeR

 

 

 

 

 

 
 
2017.01.09

みなさまこんにちは、お餅みたいにふっくらしてきたサティスホーム小林大将です。

もうすぐ見学会です!

佐々木真吾君のお家です。見どころはほかのスタッフのブログを見てね!

すごくいいお家です。動線や間取りをご参考にしてあげてくださいね。

今日は、お家を見学してもらった後のイベントを少しご紹介しますね。

今回の目玉はお餅つき大会・ココイチカレー・パッカンです。

その中の一つのお餅つき大会。

志摩市に伝わる伝統の技「恵利原早や餅つき」の

皆さんに実演していただきます。

四日市 楽しい見学会

すごく楽しみですね。

でも、そもそも、お餅つきの由来ってなんでしょうか?

餅つきといえばお正月のイメージが強いですが、

桃の節句には菱餅

端午の節句には柏餅

などがあるように

昔からの日本のお祝い事には餅つきが欠かせなかったのですね。

その中でもお正月の餅つきは特別なんですよ。

年末からお正月にかけての餅つきには

  1. 鏡餅を準備する意味
  2. お雑煮にいれる餅を作る意味

の2つがあります。

この2つは微妙にニュアンスが違っていて、
由来も別のところからのようです。

餅つきの由来は?(鏡餅の場合)

年末には鏡餅を準備するために餅つきをします。

これは、新年の神様である歳神様(としがみさま)をお迎えして、

「今年1年が幸せでありますように」

とお祈りするためなんですよ。

そして

歳神様がお正月の間に落ち着く居場所が鏡餅なんですね。

この鏡餅を準備するための餅つきは古くから行われていて、
奈良時代には神社に鏡餅がお供えされていたようです。

まずこれが、餅つきの宗教的な由来ですね。

もう一つはどういった由来なのでしょうか?

お正月の鏡餅の意味

餅つきの由来は?(お雑煮餅の場合)

鏡餅と違って、
お雑煮に入れたり、焼いて食べるお餅もありますよね。

このお餅の由来は稲作農家の食文化にあるといわれています。

民間に広く普及していた文化で、
農民たちは、お祝い事の度に餅つきをしていました。

お餅には神様からの魂が宿り、生命力が与えられると
言い伝えられています。

昔の農民のお年玉はお金ではなくて、
丸いお餅を振舞っていたんですよ!

神様からの魂(お年魂⇒お年玉)をいただく料理が
お正月に私たちが今でも食べるお雑煮なんですね。

このお雑煮に入れる丸餅に関しては、
新年を迎えてからも、おめでたいという理由で餅つきが行われます。

新年だけではなく、年中おめでたい時には
餅つきが行われる風習が今でも残っています。

ここが鏡餅と違うところですね。

この意味を少し頭に入れながら、1月14日15日

佐々木真吾君完成見学会に

お越しいただき、

「恵利原早や餅つき」

ご覧くださいね。

img_1435

小林でした。

 
 
2017.01.07

みなさま、こんにちは、サティスホームの小林です。

お正月の気分も抜けて、2017年はトリさんのように羽ばたける一年にしたいですね。

gu-gu

お正月休みや子供が風邪を引いていたので、

ずっっと家のリビングで過ごしました。

ところでリビングってそもそも何をする部屋なのでしょうか?

改めて考えてみるとよくわかりませんよね?!

家族みんなが集まる場所?

最近は、LDKと配列するので、

むしろ、

ダイニングスペースにそのお株が奪われているような・・・

livingと書くくらいなので

生活する部屋?・生きるための部屋?

なのでしょうか??

英和辞典で調べてみますと、

「居間」と引くと

「a living room」

その横に

「a sitting room」と書いてあるじゃないですか!

つまり、リビングは

~座ってくつろぐ~

という意味なのでしょうね。

と、いうわけで

リビングルームの設計は

「いかに座るか」を大切に考えなればなりません。

そこで、来週の佐々木真吾君の家 見学会は

どんなリビングになっているか?

どんな配列になっているか?

どんな思いで設計したか?

みなさん、足を運んで目で確かめてみていただければ幸いです。

何かヒントが見つかるかもです。

小林でした。

三重県 家づくり

 

 
 
2016.12.09

みなさまこんにちは、小林です。

さてさて、本日は経済について少しばかり書いてみます。

いろいろな情報や意見もあると思いますので参考程度にお読みくださいね。

少し前のブログに金利上昇のお話しをしました。

今回はこの続き。

トランプさんが大統領になるまであと40日くらいです。

今まさにアメリカの経済は上り調子ですよね。

トランプノミクス・・・ 大統領就任から100日間での米経済再生の宣言

1、インフラ投資

財政出動(公共事業) 10年間で5500億ドル(約58兆円)

 ↓↓↓↓

米国経済の急加速

雇用促進

個人消費の喚起

↓↓↓↓ 

米国経済の好景気予測

2、金融規制緩和

金融規制改革法「ドット・フランク法」廃止

運用の自由度から金融市場の活性化へ

↓↓↓↓

経済の要である金融株の上昇は市場全体に非常に

ポジティブな印象

↓↓↓↓

米国経済の好景気予測

3、大規模な減税政策

法人税35%→15%

所得税39.6%→33%

相続税→廃止

↓↓↓↓

企業の国内呼び戻し

個人需要の喚起

↓↓↓↓

米国経済の好景気予測

この3点から好景気予測により、米国の長期金利上昇の予測。

米国資金流入     米国株高へ

↓         ↓

            ドル高       貿易・金融を通じて世界経済に波及

↓         ↓

日本は円安へ・株高へ

日本の長期金利上昇同時に住宅ローン金利上昇

となるでしょうかね。

今回は大統領就任から100日間のお話しです。

じゃ、100日後から来年の年末にむけて金利はどうなりましょうかね?

それはまた後日です。

聞きたい方はお気軽におっしゃってくだいね。

小林でした。

 
 
2016.12.06

みなさま、こんにちはサティスホーム 小林(住宅クリエイティブデザイナー)です。

好きな建築家は誰ですか?

建築に携わっているにも関わらず、建築家のお話しを一度もしていないなあ・・・

今日は建築のお話し。

 

~国立西洋美術館~

%e8%a5%bf%e6%b4%8b%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8

 

今年7月に世界遺産に正式決定されました。

ル・コルビジェの建築作品です。

 

でも、そもそもル・コルビジェっていったい誰~???

 

ル・コルビジェはスイス生まれ、フランスで活躍した、20世紀を代表する近代建築の巨匠です。

新たな建築の概念をいろいろと広め、世界中の建築に大きな影響を及ぼした人なのです。

 

今ではありふれたものとなった鉄筋コンクリート建築の要素をコルビジェが最初に

考えだしました。

 

今までのヨーロッパ建築はすべて石材を積み重ねて作っていました。荷重がかかるので

窓は大きく取れなかった。コルビジェはゴテゴテとした装飾は必要なく、機能さえあれば

建物はちゃんと建つと考え、鉄筋コンクリートを柱で支える構造を広げました。

この大きな窓・・・

間仕切りを自由に変えられる空間・・・

従来にはなかったその機能美は非常に画期的で人々の度肝を抜きました。

 

例えば、このピロティー

%e8%a5%bf%e6%b4%8b

頭上は重いコンクリート。このコンクリートの柱だけで支えている空間なので

その下でくつろげる空間。

(よく二階がお店で一階が駐車場になっているお店がありますよね。これもコルビジェの

おかげですよね。

内部は『19世紀ホール』

%e8%a5%bf%e6%b4%8b%ef%bc%92

こちらは中心部から外側に向かってらせん状に順路が取られています。

このように何もかもが、従来の美術館の建物とは一線を画していました。

国立西洋美術館はコルビジェのコンセプトが凝縮されているのです。

すごく建築は奥が深いですね。

考えさせられますね。

 

seiyou-8

 

 
 
2016.11.24

☆マスクで予防☆

そろそろ風邪の流行る季節になってきました。

住宅クリエイティブデザイナーの小林です。

(全然浸透しません・・・)

 

今年はインフルエンザの流行も早いようです。

手洗い、うがい、マスクをして予防しましょう!!

ゆかちゃんもばっちり👌👍

%e3%82%86%e3%81%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅クリエイティブデザイナー 小林でした。

 

 

 

 
 
2016.11.21

みなさま、こんばんわ!

サティスホーム営業改め住宅クリエイティブデザイナー(笑)の小林です。

肩書きからおしゃれにしてみよう!と社長にも内緒に勝手にこれから名乗ります。

住みやすくて、なんかカッコいいお家をこれからも作っていきますね。

img_8066

小林でした。

 

あっ!

住宅クリエイティブデザイナー小林でした。。。

 

 

 
 
2016.11.17

みなさま、こんにちはサティスホーム 小林です。

 

最近金利の話ばかりですが、

 

今回も少しだけ。

 

12月の金利・・・・

 

やはり・・・・

 

上がりそうです・・・

 

フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供するMFS(東京都千代田区)は11月17日、国債や住宅ローンの金利情報を発表した。米大統領選でのドナルド・トランプ氏当選を受けた米国債利回り急上昇、それに伴う日本国債の上昇によって、12月の住宅ローン金利は固定10年の固定金利選択型タイプやフラット35が0.1%程度上昇する見通しとしている。米大統領選後、米国債の利回りは1.8%から2.2%台へと急上昇。日本国債も-0.06%から0.02%へと上昇した

 

そんな金利の上昇ってこのままどうなるの?

というお客様に聞いていただきたい勉強会を開催します。

 

%e5%ae%b6%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a11%e6%9c%88

 

とても大切な資金計画や、住宅ローンのこれから。さらには、

サティススタッフ(自分も含めて)お家建てたけど、

「僕らプロが悔しがる15の失敗リスト」もお話ししたいと思います。

 

korabu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
2016.11.15

サティスホーム 小林

みなさま、こんにちはサティスホーム 小林大将です。

さて前回の続きです。

 

まず、少し前になりますが、

1、米国はシェールオイル開発に成功し原油を輸入から自国生産に

2、米国は去12月ゼロ金利政策を解除し政策金利を0.25%上昇させ、

金融の安定化と世界マネーの米国集中を図りましたが、

2016年10月現在追加できてないですが、、、

3、米国は40年りに原油の輸出に乗り出し、供給過多から原油安へ、

4、10月現在1バレル130ドルから40ドルまで大幅に値をさげる。

5、世界の工場としての中国も5年前にくらべ、人件費が3倍になり、中国自体が人件費の

6、安いインドに外注するような状況で、工場閉鎖が相次いでいる。

7、6月23日 イギリスがEU離脱を国民投票で決定。

世界マネーは安全な投資先が見つかるまで、現時点で安全と思われる「円」に

マネーが流れ込み一時的な円高傾向に成っている。

 

このくらいの世界経済の動きの予想により、

日本の政策金利・長期金利がともに上昇。

よって住宅ローン金利上昇という構図が出来上がります。

 

文字ばかりでは、すごく難しいと思います。

「もっと詳しく知りたいわ!」という方はお気軽にお電話でも

メールでもお声かけてくださいね。

 

サティスホーム 小林でした。

013rabo

 

 

 
 
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
小林大将の家づくりのひととき
川瀬すすむの家づくりススムくん
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム