家づくりのひとときブログ
2016.11.14

みなさまこんにちは、サティスホーム 小林大将です。

飯田君のブログで金利のお話し

(トランプさんに大統領が決まりましたので)

どうなるか?を小林くんのブログで~と言うことでしたので

ほんの少しだけ金利のお話ししますね。

 

(あくまでも個人的な意見になります。)

 

「おいおい!小林!そこは違うぞ!」と賛否はあると思いますので

参考程度にお読みくださいね。

 

これから住宅ローンの金利は上がると思います。

 

まず、国内で見てみても、9月20日21日の日銀の会合で黒田総裁が

長期金利をゼロ%に誘導する方針を発表しました。

 

%e9%95%b7%e6%9c%9f%e9%87%91%e5%88%a9

今後はゆるやかなインフレによる物価上昇を目指すのだそうです。

 

この長期金利の目標水準に「ゼロ%」を捉えたことは現時点でマイナス圏にある

長期金利を引き上げることになり、緩和効果も小さくなります。

 

長期金利は住宅ローンの指標です。

 

これにより住宅ローン金利の上昇が予想されます。

 

ここで注意しないといけないのは、(金銭消費貸借契約)は、

ほとんどの金融機関で家が完成してからの契約になります。

 

注文住宅の場合が建物ご契約から建物完成引き渡しまでに約半年かかります。

 

つまり、現時点で低い金利でも、半年後に金利がどうなっているかまで

考えた資金計画が必要になるのです。

 

次は国外 世界経済を見てみましょう。

まず、皆さまもよく知っている大統領選挙です。

おっ!とすみません。 打ち合わせの時間になりました。

 

続きは次回で!

 

 

サティスホーム 小林

 

 

img_6325

 

 

 

 

 

 
 
2016.11.12

みなさま、こんにちは サティスホーム 小林大将です。

11月に入り、急に寒くなってきましたね。

冬といえば、インフルエンザの予防接種のシーズンですね。

みなさまはもう打ちにいかれましたか?

ぼくは先日行ってきました。。。

何歳になっても注射嫌いです・・・怖いです・・・。

 

でも、看護士さん、「安心してくださいね~でも少しチクッとしますよ~笑」と

心を和ましてくれます。

%e6%b3%a8%e5%b0%84

 

住宅営業はお医者さんのように「困っている人を助ける」仕事です。

 

お医者様は「どんな具合ですか?」と問診しますよね。

しかし、治療方法を患者さんに尋ねたり「どんな薬にしましょうか?」など

患者さんに聞いたりしませんよね。

 

そんなことされたら患者さんは不安になるだけですもんね。

プロフェッショナルであるのなら、

「3日間は安静にしてくださいね」「薬を2種類出しますね」と

問題解決の方法を明確に提示してくれます。

 

だから安心なのです。

 

「さすが本職。この道のプロだなあ」と思ってもらえる仕事をしたいですね。

 

サティスホーム 小林大将

 
 
2016.11.07

みなさまこんにちは、サティスホーム 小林大将です。

新しいお家住み始め、少しづつ新居にも慣れてきました。

2週間前はアパート住まいでした。

 

アパートで暮らす 家族の夕食時の光景を想像してみました。

2階に住む30代の夫婦と幼稚園に通う男の子がいる家族。

食事をしながら、 お母さんがお父さんに話しています。

「今日、 ダイキのお友だちが遊びにきてたんだけど、 見送りに外に出たら、

下の階の奥さんに会っちゃって 『お子さんたちは元気でいいですね』 だって」

「いい人じゃないか」

「違うわよ。 雨で外遊びができなかったから、 家の中で走り回ってしまったのよ。

ビデオを見ているうちはおとなしかったんだけど、 そのうち戦隊ごっこが始まっちゃって」

「5才なんだから、 元気に走り回るのは普通だろ」

「そうだけど、 嫌味を言われたら、 あやまるしかないでしょ。 家の中では静かに遊ばせますって。これじゃ、ダイキのお友だちも呼べやしない」

それを聞いていたダイキ君。

「えーっ、 もう、 お友だち呼んじゃダメなの?」

あわてて、 お母さんは

「そんなことないけど、 お友だちにも静かに遊ぼうってお願いしようね」

食事を終えたダイキ君が

「ごちそうさまでした」

と、 いきおいよく、 椅子から飛び降りると

「もっと静かに下りなさい。 ドスンと音がしたら、 また、 下のおばちゃんに怒られちゃうでしょ」

「そんなに、静かに静かにって言うのはよくないよ。 ダイキは男の子なんだし。いちいち怒っていたら、 のびのびした子に育てようなんて無理だぞ」

「そうは思うけど、 そのたびに嫌味を言われるのは私なのよ。

下の階の人にしてみれば、上からの音はすごく響くっていうし」

「でも、 子どもは元気が一番じゃないか」

「そもそも、 こんな安普請のアパートに住んでいるのがいけないのよ。 自分の家だったら、ダイキもいっぱいお友だち呼べるし、 思いっきり走り回って遊べるのにね。 アパートから出て、自分の家に住みたいわね」

「いまの収入じゃなあ。 家を建てたいと思っても、 先立つものだってないし ・・・・ 」

「建てるのが無理だったら、いつまで嫌味を言われ続けるのかしら (悲)」

 

「子どもは、元気に走り回るもの」とお父さん、「静かに」と階下に気を使うお母さん、両方の意見はそれぞれもっともだと思います。

家の中で、自然な行動まで制限される子どもは、周りに気を使ってぴくぴくした子になってしまうかもしれません。

家は、家族がホッとできる場所のはずなのに、

これでは、誰もくつろげていない様子ですね。

お母さんは「こんなことで子どもを叱ってばかりいる母親なんて」と自分を責め、お父さんは「家族のために家を建てる甲斐性がないのか」と自己嫌悪に。そんな両親を見て、お子さんにもいい影響があるはずもありません。

これは、アパート暮らしの悲劇ともいえる日常のひとコマです。

 

一方、アパート暮らしのメリットもたくさんあるでしょう。

スペースは狭くても、駅に近くて買い物が便利。また、同年代のお子さんが住んでいてママ友もたくさんいて楽しいなどなど。

でも、やっぱり自分の家が欲しいと思っている方も多いと思います。

いずれアパートを出て家を建てたいと思っているなら、

その時期を逃してほしくないのです。

いつか、資金が貯まったら理想の家を建てよう、そう思っている間にも、お子さんは成長していきます。それも、家族がそれぞれのストレスをいっぱいに抱え込んでいる家で。

 

そんなストレスのなかで、子育てをしていてはいけないと、私は思います。

 

こんな悲劇の主人公にならないために、たとえ資金が十分ではなくても

「子育て時代」こそ、アパートから脱出して自分の家を建てることを真剣に考えてみてほしいのです。

 

◆子どものお誕生日会をしたい

幼稚園や小学校低学年のころは、放課後、お友だちの家に招かれたり、自宅に招いたりする機会も多いですね。

お子さんは、自宅に友達を呼んで、おもちゃを貸してあげたり、一緒におやつを食べたりしながら、

「僕んちで遊ぶのは楽しいでしょ」

「また、私の家に来てよね」

と「自分の家」という空間が楽しいと感じています。

お子さんにとっての「家」は、成長の場所であり、

生活の基盤そのものです。

親としては、子どもはのびのびと育てたいですし、生活環境を整え、楽しい家でありたいと思うのは当然のこと。

たとえば、お子さんが心待ちにするイベントの1つであるお誕生日会にしても、

「この前、お友だちのお誕生日会に招かれたから、今度はぼくんちに招待したいんだ」

「私のお誕生会は、手づくりのケーキをごちそうしたいの」

といった子どもながらのプランを

「うちはアパートで狭いから、無理よ」

「お友だちを呼んだら、うるさいってご近所に言われちゃうからダメ」などという大人の理由で、あきらめさせないでほしいと思います。

 

お子さんにとっても「家」は、大人と同じように、笑顔で生活する幸せの基地です。

そんな幸せの基地づくりは、子育ての時期にこそ始めてほしいと思います。

そして、安心と安全のなかで、のびのびと成長するお子さんの姿を見守っていってほしいと願っています。

img_7883

 

 
 
2016.10.31

みなさま、こんにちはサティスホーム 小林です。

前回の間取りの続きです。

 

基本の間取りを考えたら、次に細かいディテールを詰めていきます。

例えば、リビングならば、ただやみくもにも広げればいいというわけではなく、

そこに、我が家流の機能やアイディアを加えることで、使いやすさは格段に

アップします。

そして満足度もぐんと高まります。

 

家を建てるときはどうしても、間取りや動線、外観など大きなところに

目がいきがちですが、

実は

手の届くところに棚があるか、ほしい場所に生ごみ入れを置く場所があるかなど細かな

事が住み心地を左右します。

 

ほしいところにほしい収納があると、整理整頓できない子どもを叱る回数もへります。

食卓にスプーンやフォークの収納場所があれば、夫や子供も配膳を手伝いやすくなり

その結果

家族間で「ありがとう」も増えるでしょうね。

 

renderedi

 

 

 

 

 

 

小林でした。

 

 

 

 

 
 
2016.10.24

みなさまこんにちは、サティスホーム 小林です。

 

間取りを作成する前に大切なこと。

 

まずは、今の家の不満を整理することをお勧めします。

具体的な間取りのイメージする前に、まずはこれまで暮らしていた家に

家族それぞれがどんな不満を持っていたかを整理してみましょう。

「これが不便だったよな・・・」「これがあればな・・・」という素朴で

素直な意見でいいのです。

みんなで話あうのではなく、それぞれが自分の不満を書き出してみてから

家族会議をしてみると、互いに気づかなかったネガティブな部分が発見できて

より具体的になります。

間取りを考えるには、この「不満だし」作業をいかに丁寧に行えるかが

勝負です。

パパ・ママの不満がぴったり合致している場合もあれば、まったく正反対の場合も。

また、家はこうあってほしいという考え方も「へえ~こんなこと思ってたんだ」といった

思ってもなかった気持ちが洗い出せたり、新しい発見もあるかもしれません。

不満をすべて解決する間取りを考えるのでなく

家族みんなの思いを知って、家族みんなが楽しめる家を考えると

失敗しないお家ができますよ。

 

%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a

小林でした。

 

 

 

 

 

 

 
 
2016.10.21

みなさま、こんばんわ、サティスホーム 小林です。

先日の四日市見学会の余韻そのままに無事に引っ越しが完了しました。

お部屋の中は段ボールの

山。。。山。。。山。。。

 

img_7599

この写真は入れはじめの写真です。。

 

引っ越しは完了してますが、いつでも住んでいる途中個別に見学会開催してます。笑

声かけてくださいね。

見に来てくださいね。

 

今週は中勢見学会開催です。

楽しいイベントも満載です。

ぜひ遊びに来てくださいね。

10%e6%9c%88%ef%bd%82%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%bc

20161015124418

小林でした。

 

 

 
 
2016.10.17

みなさま、こんばんは。サティスホーム小林です。

15日(土)16日(日)の僕の家、見学会、本当にたくさんのお客様にお越しいただき

ありがとうございました。

合計271組のお客様にお越しいただきました。

本当に感謝しかありません。

そして10年以上前の現場監督させていただいたいたときのお客様もたくさんお越しいただいて

本当にうれしかったです。

これからも、このおうちのいいところ・失敗のところなど

みなさんにお伝えできればと思います。

img_7578

img_7579

 

 

 
 
2016.10.10

まだまだ、第三次成長期があると信じている小林です。

身長は16?センチ→四捨五入して170センチといつもみんなに言います。

昔から高い身長にあこがれがあります。

 

毎日牛乳を飲んでます。

fullsizer

 

成長痛の骨が痛くなる前にお腹が痛くなります・・・(;´д`)トホホ

 

でもあきらめません。

 

なので、おうちの建具はハイドアにしました。

 

img_7476

 

デザイン的におしゃれでもありますが、僕の身長がグッと伸びてもいいように

 

そんな願いを込めてハイドアです・・・。

 

想いの詰まったハイドアは10月15日(土)16日(日)の四日市見学会

 

「僕のおうち」見学会でご覧ください。

予告広告 見学会

小林でした。

 
 
2016.10.09

サティスで働きだして11年くらい経ちますが

初めてお弁当をもってきて、ドキドキしながら食べた小林です。

 

img_7463

あいにくの朝方までの雨で、子供の運動会が延期になり

運動会でみんなで食べるはずのお弁当を持参したというわけなのです。

 

僕たちが幼少のころは、母親がこのようにお弁当を作っていたんですね。

奥さんが朝早くからお弁当の仕度している姿をみて

次は僕たちの番なんだ!としみじみしますね。。。

 

「運動会や毎日の学校や通勤、頑張ってね」

 

と想いの詰まったお弁当をつくる場所

 

 

キッチン

 

 

 

それは奥様の基地です。

 

今回はコの字型のキッチンです。

img_7438

 

冷蔵庫からシンク、作業台、そして、収納量に炊飯器やレンジを置く位置。

 

生ごみを置く位置や洗面やパントリーの動線に注意して

 

なにより

 

ダイニングやリビングを見渡せるようにしたい。

 

友達が来たときは料理をしながら話をしたい。

 

子どもがリビングで宿題をしているところをすぐ見れるようにしたい。

 

子供と一緒にキッチンでお菓子や料理をつくりたい。

 

キッチンでお子様と思い出つくりをしませんか?

 

20161007095049-768x5281

 

小林でした。

 
 
2016.10.07

こんにちは、小林です。

 

今月の見学会!

 

僕のおうちです。

 

場所は四日市八王子です。僕の実家の建て替えの二世帯です。

 

約33年間過ごした実家の解体はなんだかさみしいものがありました。

img_7442

img_7441

 

きっと両親も同じ気持ちなのでしょうね。。。

 

今までのおうちに「ありがとう」を告げ、約6か月。

 

いや、

 

工業高校建築科から建築に携わり、約18年。

 

ようやく、「僕の家」完成です。

 

10月15日16日 2日間だけ見学会です。

 

ぜひ遊びに来てください。

 

小林でした。

 

20161007095049

 

 
 
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
小林大将の家づくりのひととき
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム