家・トン・チン・カン物語ブログ
2016.08.23

みなさま、こんにちは、サティスホーム 小林です。

川瀬君同様に、夏バテぎみの小林です。

小「すーちゃん、夏バテやでお肉たべたい・・・。」

川「夏バテなら、肉なんてたべれやんよ?まだまだ大丈夫!」

小「・・・」

どうやら、夏バテではないそうです。

毎日まだまだ暑い日が続きます。

 

そんなとき、日本の涼しさ演出!

 

打ち水(うちみず)

 

店内を掃除して、さあ開店だ!って時に水を撒きます。

和菓子・和食店や庭のあるような高級懐石料理屋では必ずしていますよね。

最近は、あまり見なくなった光景ですが、、、

あまり若い子たちは知らないかもしれませんが、

おじいちゃんおばあちゃん世代(和の文化がまだ根強い時代)は

普通に一軒家とかの家の前でも水を撒いていました。

 

地面を湿らせることにより、お客さんが店に入る前に埃を立てずに入れます。

特に昔は道路ではなく地面が土なのでほこりが立ちからです。

道路の場合、ホースで水を撒いて車道のわきに地面のごみをついでに流したりします。

 

しかし本来、打ち水はそんなにたくさんの水を撒きません。

 

夏場限定の事というで、涼しさの演出です。

夏場の地面(特にアスファルト)からの熱気というのはすごいですよね。

その熱気を抑えるために地面に水を撒いて、

気化熱(水が蒸発して道路の温度を下げたり、太陽からの熱を吸収しにくくする)を利用して、

湿度も高まるため体感温度を下げる効果もあります。

 

店の前だけですけど少し涼しく感じます。

 

そしてもうひとつ。

 

打ち水には”場を清める”という神道的な意味合いもあり、

店の前や玄関前に水を撒くのは

お客さんへの心遣い・おもてなしの一つであるといえます。

 

街中ではビルが立ち並び、環境上の問題で打ち水をする必要がなかったり、

できない場合も多いので、特に都市で育った人は知らないかもしれません。

 

以上、打ち水についてでした。

 

小林でした。

 

 
 
2016.08.22

みなさまこんにちは、小林です。

本日は2件上棟させていただいております。

台風の影響もなく無事に上棟スタートです。

IMG_1803yuka

どんどんおうちの形になっていきますね。

 お施主様本当におめでとうございます。

あらためまして小林です。

それでは、少し前のブログの続きいってみましょう!

少しおさらいです。

土地探しで得をする人損をする人をテーマにチェックポイントを紹介してました。

1、土地の高低差を確認する。

2、電柱や水道・排水があるか?

3、地盤は強いか?

↑ここまでお話ししました↑

詳しい内容は少し前のブログをお読みいただければと思います。

さて、4つ目のポイント

4、付近の道路の交通量は?

みなさま土日お休みの方が多いと思います。

土日の休みに気になる土地を見に行こう~と現地に確認に行かれると思いますが

土日以外にも、平日の通勤ラッシュの時間帯や通学時間など

見ていただくことが大切ですね。

気にいった土地が渋滞に巻き込まれる場所なら、生活は毎日の子とですから、

仮に気に入ったとしても考え物ですよね。

5、コンビニが隣にある。

コンビニが隣にある。。。とても便利でありがたいことです。

でも、商店の特性によっては、よく考えなければならない場合があります。

 深夜までやっているお店が隣にあると、

車の騒音や、電灯の明かりなどがおうちに影響してきます。

若者が深夜まで集まるような場所だと、

いらぬ心配をしなければならないと言ったお話しも聞きます。

 知らずにその土地を買って、防音や防犯に余分なお金がかかってしまっては後悔します。

 実際にその影響があるかどうかは別として土地は買い直せないものですから

慎重に選択する条件を考えなければなりません。

6、安いからといって・・・

土地資料には近隣の状態が詳しく書かれていません。

ですから、「安いな!」と思って飛びつくのもキケンです。

必ず現地にいってくださいね。

安いと思って見に行くと、

集落や団地から少し離れた、街灯もないさみしいところに

ぽつんとあるということも少なくありません。

また、ウラにお墓があるとか線路のすぐ横だったりということで、

購入を躊躇される方はお見えになります。

以上の項目を参考に土地選びをしていただくと、買ったあとからお金がかかり

後悔するということを防ぐことができます。

とにかく、気に入った土地をみつけたら『現地に行ってみる』です。

「じっくり見てもよくわからない」という場合は、住宅会社の担当や専門家に

一緒に行ってもらうのも一つの手ですよ。

家づくりは家族みんなの夢です。

その先駆けの土地選びも、家族の夢を実現させる

大切な要素。

ぜひ、良い土地にめぐり合い、いい家づくりをしてくださいね。

小林でした。

 

 
 
2016.08.21

みなさま、こんにちは、サティスホームの小林です。

 昨日は予約見学会でした~。

IMG_6455川瀬

(川瀬も身振り手振りで説明してます)

 本当にたくさんのお客様にお越しいただき感謝です。

 そして、本日お引き渡しにもかかわらず

会場をお貸いただきお施主様本当にありがとうござました。

shuugou22

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

次回はお盆前にお話しさせていただいておりました

土地の見つけ方の続き書きますね~

小林でした。

 

 

 

 
 
2016.08.19

みなさま、こんにちは、サティスホーム 小林大将です。

 昨日の建物探訪第二弾!

 続いては皆さまもよく知っているこれです。

 

 ~平等院鳳凰堂~

ななめ

 

小学生の修学旅行以来 訪れる機会が無かった 京都宇治の”平等院”

皆さん良くご存知 10円硬貨には 平等院 鳳凰堂 がデザインされています。

さらに、みなさま、10円玉の絵でしかイメージがないと思いますが

現在の一万円札の裏に印刷されているんで御存知でしたか?

キャプichimannenn

確認してみてくださいね。

シンメトリー(左右対称)

IMG_4375

さらに「 阿字池」に映し出される姿も上下対称で絶景。

中堂中央正面の丸窓より 本尊の「阿弥陀如来」国宝を拝観できます。

そしてこれが 「鳳凰」です。

鳳凰1 鳳凰2

大屋根の上に向かい合わせで一対のっかています。鳳凰堂の由縁です。

現在、鳳凰堂屋根に乗っているのは、なっ!なんと!!”レプリカ ”なんですよ。

じゃ本物は?? どこ?どこ?

 「ミュージアム 鳳翔館」で展示してました。

ほうしょう館

「ミュージアム 鳳翔館」-2001年開館 RC造の2層構造で

地下(実際は鳳凰堂と同一GL)の部分が

展示スペースとなっていて、 ここは、国内で最も密度の高い国宝集結空間と言われています。

このモダニズム的な建造物は 設計士—栗生 明さん作で 日本芸術院賞を受賞されています。

迫力がすごいです。

写真では到底御伝え出来ない程の優美な建築と造園を充分堪能できると思います。

なんといっても

”世界文化遺産”

見るべきものは沢山有ります。

平安時代の建造物で 現存するものでは日本の誇れる最高傑作建造物です。

小林でした。

 
 
2016.08.18

みなさま、こんにちはサティスホーム 小林大将です。

お盆休はいかがおすごしでしたか?

わたくしも、お盆休みをいただいて、建築探訪にいってきました。

 

木造住宅(建築)のお仕事をしていることもあり、

お盆休みには、建築物を見に行こうと毎年恒例で行っています。

世界最古の木造建築、法隆寺。

IMG_1551

 

7世紀に建設された法隆寺、法起寺などの仏教寺院は現存する世界最古の木造建築で主要建物である。

金堂、五重塔、中門、回廊は中国や朝鮮にも残存しない初期の仏教建築様式で作られているですよ。

法隆寺の建造物47棟と法起寺の三重塔を加えた48棟が

世界遺産に登録されています。

 

そして五重塔です。

IMG_7467

五重塔を構成する5つの楼閣を、

下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)といいます。

5層それぞれは独自の世界(思想)を示し、仏教的な宇宙観を表しています。 現存する木造建築の五重塔としては世界最古のものである

法隆寺五重塔は、初重から五重までの屋根の逓減率(大きさの減少する率)が高く設計されていることが大きな特色です。

五重目の屋根の一辺は、初重の屋根のおよそ半分のサイズです。

塔身もまた、下層から上層へ行くにつれ、細くなっています。 初層と最上層を比べると、最上層はこれまた初層の半分。

屋根とのバランスも見事です。

一番下の初重の内部には、

東面・西面・南面・北面の4つの方角それぞれに塔本四面具と呼ばれる粘土で

作られた群像を安置されています。

 

そして五重塔は全体を心柱が貫く構造になっていますが、

その心柱を支えるのが地下1.5mの深さにある大礎石。

shinn hashira

心柱は制振ダンパーの役割となって、塔自体が右に傾こうとすれば、心柱は左に動いて自立を保とうとする効果があり、地震の揺れを軽減します。

揺れが大きいと、心柱が各階の床組みにぶつかることで、崩壊するほどの横揺れを防ぎます。 言うなれば、十分な質量のある「振り子」であり、各階の床組みが横揺れしすぎないように歯止めをかけているのです。

ただし、この説にはいろいろあり、法隆寺の塔の心柱は、最も古い建て方で、地中深く穴を掘りその底に礎石を置き心柱を立ててある

(このようなものは中国にも朝鮮にも実物は残っていない貴重なものです)。

そのため地中部分の柱の一部が腐り、礎石との間に空間が生じたという説が有力です。

 

今回千年以上も昔の建築技術から学べることの多さ、日本の建築技術の高さに

感動です。

今の科学技術をもってしても五重塔が地震に強い秘密はまだすべて解明されていないないそうです。

高層ビルにもこの技術が生かされているのです。例えば、スカイツリーなど。

昔の技術から、学ぶ。

やっぱり建築は奥が深いですね~

今回はここまで。

IMG_2108

 

小林でした。

 
 
2016.08.12

みなさま、こんにちは、サティスホーム 小林です。

オリンピックすごいですね~ 体操内村くんおめでとうーございます。

わたくし、恥ずかしながら、体操内村くんに似ているといわれることがあります。

 

恐縮です。

 

金メダルは取れないですが、ぎっくり腰にはよくなります・・・。

 

では、昨日の続き、金メダルのような素敵な土地を探す方法~

 

土地探しで得する人 損する人

 

「お金のかからない土地」をテーマにお伝えしますね。

土地探しを購入するときに、皆さまはどんな方法をとられるえしょうか?

 

一般的な手順としては

1、新聞の折り込み広告

2、不動産情報誌

3、インターネット

4、直接、不動産屋さんを回る

 

このような方法でしょうか?!

 

いくつか土地情報の中から、これは!?と思うものをピックアップして

ご自分のお好みや計画にあったところに決定されると思います。

 

ここで必ずお伝えしたいポイント

 

必ず現地に行って確認する!ということです。

 

小林くん、そんなこと当然だよ。でも素人がみてもわかるのかね?

 

というお声が聞こえてきそうですね。

 

ご安心ください。

 

これからお伝えするチェックポイントを現地行って確認していただくだけで

どなた様でも簡単に「お金のかからない土地」を見分けることができますよ。

 

1、土地の高低差を確認する。

不動産の土地情報には、基本土地の高低差が書かれていませんから、

やはり現地での確認が必要です。

周囲や隣地・道路と極端に高低差がある場合は、土留めやブロックなど

造成工事や外構工事に高額な費用が掛かってしまいます。

費用は、形状や長さによって変わってきますが、数十万円から数百万円も

かかってします場合も少なくありません。

☆ポイントは購入を決定する前に、土地・住宅・外構費用・諸経費などのかかる費用をすべて計算した「資金計画」を具体的に行うことが大切ですよ。

 

2、電柱や水道・排水があるか?

電柱・水道・排水がないと、こちらもすごく高額なお金がかかります。

上記があるかないかは、不動産資料に記載されていますが、やはり、

その位置を目で確認したいですね。

電柱が敷地のどこにあるかによって駐車スペースや入口をつくる計画が変わってきますし、電柱からの引き込み線の方法も変わってきます。

同様に水道・排水の位置関係も重要な要素になってきますのでみてください。

また、ケーブルTVや浄化槽・下水なども確認したいですね。

 

3、地盤は強いか?

地盤の強さは目でみて簡単にわかるものではありません。

調査会社による機会での本格的な調査が必要になってきます。

およとのメドをつかむことはできます。

1、不動産屋さんに過去の近隣さんの事例を教えてもらう。

・・・不動産屋さんはけっこう知ってますよ。

2、土地の周辺に大きな川がないか?を確認する。

・・・大きな河川が近くにあると弱い場合も

3、丘陵地の造成地の場合は「切土」「盛土」を聞く。

・・・一般的には切土は強く、盛土は弱いものです。

4、隣地に家がある場合は、お隣さんに声をかけて聞いてみる。

・・・直球勝負です。

5、土地の経過年数を聞く。

・・・年数とともに土は締まってきます。

 

以上のことで、おおよそのメドがたちますよ。

 

4、付近の道路の交通量は?

 

椅子に座って、ぎっくり腰になりそうなので、4はまた次回~

 

 

小林でした。

 
 
2016.08.11

みなさま、こんにちは、サティスホームの小林です。

ほかのブログを見てますと、ローンの金利や収納など

おうちづくりのお話しをアップしているので、

僕もそろそろ、家づくりネタで行きますね。

 

おうちづくりのスタートは土地探しです。

建て替えや、今すでにお持ちだという方の場合は別ですが

「家を建てよう」と思ったら、当然、、建てる土地が必要になってきますよね。

 

「庭でバーベキューができる広さがいいね」

「学校区・通勤・駅近くがいいな」

「近くにコンビニがあると便利だね」

「日当たりよくて家庭菜園したい」

 

こんな事考えているだけでも夢が広がりますね。

 

でも、いい土地の買い方がわからない・・・

 

本当にこの土地でいいのかな・・・

 

後悔しないだろうか・・・

 

家づくりも土地探しも一生の中でそう何度もあることではありません。

洋服や食品のように「ダメだから買いなおす」ということができません。

 

そこで、

 

土地探しで得をする人 損をする人

 

違いは何か?知りたくありませんか?

 

続きは明日~

 

小林でした。

 
 
2016.08.10

みなさん、こんにちはサティスホーム小林です。

昨日のブログの投稿で一つ言い忘れておりました。

実は私、ラジオのパーソナリティーなんです。

知ってらっしゃる方もお見えになると思いますが、

毎週金曜日 16時30分~

ポートウェーブ四日市 FM76.8

みんな

 

ぜひお聞きくださいね~。

 

このブログではラジオではお伝えできなかったウラ話のウラ話。

その名も

「~現役工務店営業が語るラジオ~」

お伝えできればと思います。

 

ではまた明日~

 

小林でした。

 
 
2016.08.09

みなさまこんにちは 

サティスホームの小林大将(こばやし まさし)です。

今日から単独ブログが始まりました!

なるべく毎日、お家づくりにまつわる事をお伝えできればと思います。

お家づくり以外の私の勝手気ままな時もありますが、気休め程度にお読みください!!

 

今回はブログ開設記念ということで

わたくしの自己紹介を少し。

三重県は四日市に生まれ四日市で育ち、四日市をこよなく愛する34歳です。

二児のパパ奮闘中です・・・

高校は四日市工業高校建築科を卒業し、名古屋の建築の専門学校に3年間。

その在学中に2級建築士・宅建を取得しました。

サティスホームに入社し11年目になります。

11年間でたくさんのお客様のおうちのお手伝いをさせていただきました。

 

そして、今年・・今、現在真っ最中ですが、わたくしのおうち建築中です。

おうち日記などもちょくちょくアップしていきますね。

 

みなさま、見学会お越しの際には、

「小林くん、ブログ見てるよ」と声を掛けてくださいね。

何か素敵なプレゼントが・・・。

 

それでは今日はここまで!

 

小林でした。

 

 
 
2016.08.08

construction

 

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

只今、リニューアル中です。

8月9日(火)より新しいサティスブログをアップして参りますので、
どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

スタッフ一同

 

下記は現在、ご覧いただけるブログになります。
■サティスホームの営業マンがお届けする
家づくり通信ブログはコチラ

http://suchaniida.exblog.jp/

■建築は心と技術
現場監督がお届けするブログ

http://satishome.exblog.jp/

■女性の視点から家づくりの情報をお届け
サティスウーマンブログはコチラ

http://satiswoman.exblog.jp/

 
 
16 / 16« 先頭...1213141516
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム