家・トン・チン・カン物語ブログ
2017.09.26

こんにちは、小林です。

 

運動会シーズンですね!

ウチの子も毎日、運動会の練習でクタクタになって帰ってきます。

 

ということで、今日は子供部屋についてです。

 

子供部屋は、子供の成長に応じて使われ方が変化しますよね。

家を建てられるころは子どもがまだ小さいことが多いですよね。

 

子供の成長は思っている以上に早いものです。

 

小学校低学年くらいまではリビングにいることの方が多く、

その方が親の目も行き届いて安心です。

 

リビングに勉強できるスペースをつくったりもしていますよね。

(賢い子が育つともいわれていますね)

 

小学校中学校以降もなると自分の部屋を欲しがります。

 

ただ、

兄弟がいる場合は個室にしなくてもいいかもしれませんね。

中学生くらいになってから個室を考えてもいいでしょう。

 

その後、

10年を経たないうちに成人し、独立していく可能性があります。

 

そう考えると

子供部屋として必要な期間は想像以上に短いものです。

 

成長に合わせてフレキシブルに変化させる部屋がいいでしょうね。

 

とは言っても難しく考えることはなく、

2人子供がいる場合、最初は12畳程度のワンルームにしておき

個室が必要になったときは間仕切り壁や家具で仕切って2部屋にする方法があります。

 

その場合は、

ドアや窓、クローゼット、コンセントなどは

あらかじめ2部屋になる事を想定してつけておきます。

 

将来、子供が独立した後は、ワンルームに戻すことも可能です。

 

このように、

今すぐの子供部屋、10年後の子供部屋、20年後の子供部屋など

色々な場面を想像しながら間取り図面を進めてみてくださいね。

 

小林でした。

 
 
2017.09.22

こんにちは、小林です。

 

「TRICK OR TREAT!(トリック・オア・トリート)」

こう叫びながら近所の家々を回り、お菓子をもらう季節が

近づいてきましたね。

 

そうです、ハロウィンです。

 

 

って、僕らが小さいころってハロウィンってあったかな??っと

小さな疑問は残りますが、ご近所さんと仲良くすることはいいことです。

 

地元でコミュニティーを作って、

いろいろな人と出会い

いろいろな人から学ぶ

ステキなイベントですね。

 

今日、サティスの事務所もハロウィン仕様になりました。

皆さまもお打合せなどで事務所にお越しの際には

『トリック・オア・トリート』

と言ってもらうと、お菓子をプレゼントしますね。

 

小林でした。

 

 

 
 
2017.09.19

こんにちは、小林です。

 

9月18日は敬老の日でしたね。

 

もともと、敬老の日は、兵庫県多可町というところで提唱、

行われていた敬老行事の「としよりの日」が始まりとされているそうです。

 

主旨は、『老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう!』

と敬老会などを開いていたそうです。

 

そして、この小さな村で始まった習慣が1950年ごろからは

兵庫県全体で行われるようになり、その後全国へと広がりました。

 

「としより」という表現は好ましくないということで敬老の日として

制定されました。

 

※他説あります。

 

そんな敬老の日ですが、私のお家でも、

娘がおじいちゃん・おばあちゃんにお手紙を書いて

日頃の感謝『ありがとう』を伝えておりました。

 

日本人が昔ら大切にしてきた目上の人を敬う気持ちと

相通ずるものがありますね。

 

そんなじみじみブログでした。

 

 

小林

 
 
2017.09.18

みなさま、こんにちは。

サティスホーム 川瀬 晋でございます。

 

お家づくりをお考えのお客様が、お悩みになられる事で

「間取り」があると思います。

 

お客様のお考えにより、多少の違いはあると思いますが

一生に一度のお家づくりですから、当然のことだと思います。

 

本日の内容は、その様なお客様に

少しでも、参考にして頂ければと思います。

 

希望、要望必要性

よくお考えになられて

優先順位を付けて頂くと言う事です。

 

 

「ニーズ」は

生活を営む上では

当然満たされなければいけない条件です。

 

こちらを、ないがしろ、にする事は

あまりおすすめできません。

 

快適な生活をして頂く為に

欠かせない条件だからです。

 

一方

「ウォンツ」は

場合によっては、我慢して頂けるものではないでしょうか?

 

今は欲しくても、よく考えて頂ければ

無くても困らないモノ、だったりするのではないでしょうか?

 

ウォンツは欲求を満たしたいことであることから

相応の費用も必要になりますし、空間も必要になったりしますね。

 

 

お悩みになられた時

まずは

「ニーズ(必要性)」が満たされる事をお考えください。

 

「ウォンツ(希望要望)」は

資金的な余裕がある中で計画しますと

上手く実現されますよ。

 

 

じっくりご検討される事をお勧めします。

 

 

はじめてお家づくりをされるお客様ですので

わからなくて当然だと思います。

 

 

しかし

ご安心くださいませ。

 

私、川瀬にご相談くださいませ!

 

 

 

 
 
2017.09.15

こんにちは、小林です。

 

知ってらっしゃる方もお見えかもわかりませんが、

実はラジオに出演しているのです!

 

CTY―FM(76.8) 毎週金曜日 16:30~

 

【現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話】

 

今回のテーマは、『僕たち営業マンが建てたときのポイント』です。

 

どんなところに注意したのか?を

 

ちょっぴり笑いあり、涙ありでお話した15分です~。

 

皆さまも、

 

「何かこんなテーマで話をしてよ!」とか

「家づくりの進め方は?」

「注意するところは?」などなど

 

ご質問もドシドシ受付しております。

 

小林でした。

 
 
2017.09.12

こんにちは、小林です。

 

最近、すごく涼しくなってきましたね。

家では、エアコンはつけずに網戸にしています。

 

しかし。。。

 

僕の家は、割と山の中なのです・・・

小さな虫さんたちが大量に部屋の中に・・・

 

 

家族みんなは発狂しておりました!笑

 

 

壁一面に虫だったそうな。。

 

 

 

さて、この虫の対策は窓と網戸の関係が大きいのです。

 

 

このように網戸のあけ方で虫の侵入も防ぐことが

できるのですよ。

 

小林でした。

 
 
2017.09.08

こんにちは、小林です。

建築を志す以上、必ず一度は行ってみたい【竹中大工道具館】

兵庫県神戸市にある日本で唯一の大工道具の博物館です。

 

世界最大の木造軸組建築物の東大寺大仏殿」と

世界最古の木造建築物の法隆寺

 

日本の木造建築技術は世界一!!

 

この竹中大工道具館は、

そんな世界一の建築技術を支える大工道具や大工技術を未来に伝えていくために設立されました。

 

7つのコーナーに分かれた展示から、

大工道具をめぐる世界の広がりと豊かさを感じます。

 

☆大工道具の歴史や種類、しくみを紹介する☆

「歴史の旅へ」「道具と手仕事」「世界を巡る」

 

☆道具や手仕事の美を感じる☆

「名工の輝き」「和の伝統美」

 

☆ものづくりの心を棟梁の仕事を通して伝える☆

「棟梁に学ぶ」

 

☆木を十分にいかす知恵の数々を見ていただく☆

「木を生かす」

 

 

日本の匠の技に感動の時間を過ごせますよ。

 

小林でした。

 

 
 
2017.09.05

こんにちは、小林です。

 

ミーハーと言われますが、

 

好きな建築家の一人の安藤忠雄さんの展覧会が

9月27日~国立新美術館で開催されるのです。

 

http://www.nact.jp/exhibition_special/2017/ANDO_Tadao/

 

行きたい・・・

 

行きたい・・・

 

行きたい・・・

 

そんなオチもない投稿でした。。。

 

小林

 
 
2017.09.01

おはようございます。

小林です。

 

フラット35Sの9月の金利発表になりましたね!

1.12%→1.08%に下がりました。

(融資比率9割以下 Aプラン)

よかった!よかった!

ただ、来月はついにフラット35の金利が新制度へ変わります。

新制度のフラット35は団信込みの金利となるため、従来の金利にプラス0.28%となります

(団信不加入の場合は新制度金利から-0.20%)

※2017年9月29日受付分までは従来の金利が適用されますが、10月2日以降の受付分からは新制度の金利が適用となります。

9月は
欧州中央銀行(ECB)政策金利や
米連邦公開市場委員会(FOMC)など
目白押しです。

「えっ?
なんで外国の経済指標が日本の住宅ローンに関係あるの?」

すごく関係あるのです。

また機会があればお話ししますね。

 

小林でした。

 
 
2017.08.29

こんにちは、小林です。

木造住宅を創る仕事をする僕は「木が好きだ」

写真は静岡の蓬莱橋。

世界一長い木造歩道橋。

ただただすごい!!

蓬莱橋(ほうらいばし)は、
明治12年に大井川に架けられた木造の橋で、
その長さは897.4メートルあります。

「厄なし(8974)の橋」や

「長生き(長い木)の橋」

とも呼ばれているそうです。

今日もいいことありそうです。

 
 
1 / 1012345...10...最後 »
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム