2017.05.11

皆さま、こんにちは!小林です!ちょこっと良いお話。

マイホームの夢をお手伝いする「家づくり応援プロジェクト」を

始めたところ、松阪のお客様、津のお客様など、たくさんの

お問合せをいただいております。

 

優良な土地をご提案して、そこにデザイン住宅を建てて、

お値打ちにしてお譲りするというものです。

 

この二軒はひとつの例です。このほかにも、

「〇〇地区ではどう?」とか「△△エリアで欲しいのよ」というご希望や、

「持ってる土地にデザイン住宅だけ建ててよ」というリクエストにも

お応えしています。

 

「いつかはマイホームがほしい」という夢を身近にするプロジェクト。

詳しいことはお尋ねくださいね。

さて、今度は「津市 河芸町」での見学会です。

5月13(土)・14(日)の二日間。

良い家づくりの秘訣は「良い家を観ること」。

ぜひ、参考になさってください。

皆さまの家づくりをスタッフ一同、応援しています!

 
 
2017.04.17

津市一志町で行われた「川瀬クンの自宅」見学会では、たくさんのお客様が

お越しくださり、本当にありがとうございました!

時折り降る急な雨にもかかわらず、たくさんの来てくださったお客様に

ただただ、感謝です。心より御礼申し上げます。

皆さまの家づくりが大成功しますように、心よりお祈りいたしております。

 

♪   ♪   ♪

 

皆さま、こんにちは!ネギレシピに強くなってきました!小林です。

見学会での「新鮮野菜で笑顔と健康プロジェクト」も、皆さまに認知されつつある

今日この頃ですが、自宅で少しだけ料理をする私もネギを使ったレシピ、

「ネギ塩ごま油あえ(?)」が得意になってきました☆

ということは、「ネギが続いているだけではないか?!」という結論に至ります。×

今度から、もっと厳選して色々な品種をお届けしたいと思います。

 

そんなことで、今度は鈴鹿で見学会がございます。

4月22(土)・23(日)の二日間 鈴鹿市庄野東 です。

 

見ドコロは、

① リビングに光を取り入れる大きな吹抜け

② 家事がラクラク、キッチンから数歩の洗濯室

③ 客間&チャイルドルームに使える段上がり和室

④ 片付けやすい玄関の土間収納

⑤ 家族がいつも顔を合わせるリビング階段

などなど、子育て世代のご家族が住みやすい間取りになっています。

 

家づくりの成功の秘訣は、色々な家をご覧になって、

そこからヒントを掴みとることです。

今回もヒント満載、きっと参考になりますよ。

 

今回のお楽しみは、「福袋」です。

事務所での打合せがたくさんあって、スタッフがたくさん会場に

行けませんので、大きなおもてなしができません。

「せめて何かを、、」と考え、「福袋」をご用意いたしました。

日用品から美味しいモノ、楽しいモノなど、何が入っているかは

わかりません(これからの準備です)。

中味がわからない方が面白い「福袋」。ぜひ、会場でGetしてください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 
 
2017.04.15

皆さま、こんにちは!桜が散ると花見ができなくて悲しんでいる小林です!

15(土)・16(日)の二日間、津市一志町で見学会を行っています。

会場はサティスの営業マン「川瀬クンの自宅」です。

 

「あれ?あれ?以前にやらなかったっけ?」

 

そうです。一年前に完成のお披露目を行ったお家です。そのお家が一年経った今、

どんな風になっているか?を体感していただこうという趣旨です。

皆さまのレターでもお届けさしあげましたが、改めて見学会で体感して頂きたい

ことを、ご案内したいと思います。少しの間、お付き合いください。

 

あれから1年、サティスで建てた家が

今、どうなっているか?観てみませんか?

家づくりは家族みんなの夢。「どんな家にしようかな?」と考えただけでも

ワクワクします。

でも、ほとんどの方が家づくりは初めての経験。どうすればカッコ良くて

オシャレで使いやすい家ができるのか?誰しもが思う課題です。

 

その解決方法は、やはり、さまざまな家をご覧になって、そこから

家づくりのヒントを集めることです。

 

今回の会場はサティスホームの営業である川瀬クンが、家族のために建てた家。

以前に完成見学会をやって丁度1年になります。

1年経った今、皆さまに「こんな家がいいですよ」とお勧めしている彼の家は、

どんな風になっているか?観てみたいと思いませんか。

地震に強く長持ちする高性能な住宅

家はオシャレでカッコが良いのは当然のことですが、合わせて高性能な住宅で

なければなりません。大切な家族のお金を建物に費やすわけですから、

すぐにガタがきたり、メンテナンスにお金がかかるなどという家では困ります。

高性能な家づくりも、やはり現物を確かめてみないと、どれが良いのか?が

つかみにくいものです。

 

便利で使いやすい間取りとは

つい、楽しくなってデザインや色調ばかりに考えがいってしまいますが、

「使いやすさは間取り」で決まります。

キッチンを中心とした毎日の家事の動きや、家族の声が一声でとどく距離感、

キレイに片付く収納の大きさや量。そんなところも確認してみたいものです。

冬暖かくて夏涼しい光熱費のかからない家

家は建てたら終わりではありません。そこでの生活にもお金がかかります。

電話代、電気代、水道代…。

断熱性能の高い家なら、日頃のランニングコストも抑えることができます。

お財布に優しい省エネ住宅は嬉しいですよね。これも確認したいところです。

 

安心をつなぐ高い遮音性能・防犯性能

快適な住まいは、音のコントロールが大切です。

高性能なサッシで嵐の晩も静かにお休みすることができます。

合わせて、高い防犯性能で更なる安心を得ることができます。

直接、触れてみると良くわかります。

実際に建っている家をチェック

そんな風に、実際に建っている家をご覧になって確認することが、

良い家づくりへの第一歩です。今回のお家はプロの建築士であり、

住宅の専門家である、サティスホームの家づくりアドバイザー川瀬クンの自宅。

1年経った家を皆さまにご覧にいれて、家づくりのヒントを掴んでください。

 

見学に要する時間は、ほんの1時間です。

この見学会にお出かけになり、家づくりのヒントをお持ち帰りくだされば、

あなた様の家づくりはきっと成功するでしょう。

 

どうぞ、皆さま、ご覧になって、家づくりのヒントを掴んでください。

楽しいイベントもたくさんあります。美味しい屋台に楽しい屋台、

CoCo一番屋のカレーもあります。

ぜひ、ご家族皆さまでお出かけください。

 
 
2017.04.08

皆さま、こんにちは!花より団子の小林です!

桜の開花がささやかれています今日この頃、皆さまは花見などいかれますか?

週末の天気次第では、桜の寿命が短いとか、、、お天気が良い事を祈ります。

 

「快適な二世帯住宅を造る秘訣 その2」はちょこっと延期させていただいて、

この週末にある完成見学会を少しご紹介させてください。

 

【完成見学会開催!・4月8(土)・9(日)四日市市西日野町】

「どんな家にしようかな?」家づくりを初めてスタートさせるご家族様なら

どなた様も必ず持つテーマではないでしょうか。

 

使いやすくてオシャレで家族みんながホッとする、「そんな家を建てたい!」と、

どなた様も考えます。

 

そんな家づくりの夢を実現させる一番の方法は、良い家を観て、そこからヒントを

見つけ出し、ご自分のお好みに付け加えることです。

 

 

いま、家づくりを目指すご家族様は、どなた様も必ず、何軒もお家を観て、

ヒントを集めて建てられます。

今回の会場は、そんな「ヒント集め」に最適の会場です。

 

例えば、

・クルマ好きが熱望する大きなインナーガレージ

・天井をオシャレに彩る梁見せデザインのリビング

・食事の後でゴロリッとできる段上がり畳コーナー

・家族の会話が弾むキッチン。パントリー付きで便利

・キッチンから一歩で行ける洗濯室。洗い物をしながら

お風呂あがりを受け止められる奥さまラクラクの設計

・たくさんの収納は欲しいところに便利にセッティング

・オシャレな玄関、階段、最新のトイレやお風呂

などなど、見ドコロがいっぱいです。

 

総合展示場にあるような、きらびやかに飾られた、人が住むことができないほどの

大きな家ではなく、等身大で実際に家族が住むために考えられたお家。

 

そして、それが「一体いくらで建てられているのか?」も掴むことができます。

 

ぜひ、あなた様もご覧になって、家づくりのヒントをお持ち帰りください。

 

 

今、ハウスメーカーと同じ仕様で、自由設計・注文住宅のお家で、700万円も

お値打ちに建てられる時代です。

 

今回の四日市の見学会に参加するほんの1時間が、あなた様の家づくりを劇的に

変えてしまうかもしれませんよ♪

ぜひ、ご覧になって家づくりを大成功にお導きください。

 

 

お楽しみイベントは、「お客様感謝祭・春まつり」です♪

射的や輪投げの楽しい屋台に、ワッフルや

フライドポテトなどの美味しい屋台が勢揃い。

お子様喜ぶお菓子が当たる「トランプカード宝くじ」や、

テレビでも取材をされました「新鮮野菜で笑顔と健康

プロジェクト」で新鮮野菜もお配りします。

 

もちろんですが、見学会にご参加いただいたとしても、

決して、お家を押し売りしたりはいたしません。

 

 

お家を建てる方も、「もう建てたよ」という方も、

「建てないよ」という方も、どんな方でもかまいません。

ぜひ、お出かけになって楽しいひと時をお過ごしください☆

皆さまのお越しをお待ちいたしております!!

 

車でお越しの方は、カーナビで

「四日市市・日永西・3丁目・5-28」です。

駐車場から送迎いたします。

 

「わかりにくい!」という場合はお気軽に、

フリーダイアル 0120-351-376

 

ホームページでもご紹介しています。

https://www.satishome.com/navi/kengakukai-info/

皆さまのお越しをお待ちいたしております!

 
 
2017.03.27

 

皆さま、こんにちは!春のせいか?どれ食べても美味しいと思う、小林です!

前回のお話の続き、「快適な二世帯住宅をつくる方法」をお伝えしますね。

 

♪ ♪ ♪

 

親子で一緒に暮らす―――、素晴らしいことですね。

 

これからお歳を重ねていく親世帯。万が一、ご病気になったとしても、

家族が近くにいて安心して暮らしていくことができます。

 

子世帯にとっては、お子様が小さいときに子育ての面倒をみてもらえて、

共働きも可能になってきます。

 

経済的にみても、親世帯の所有の土地に建て替えたり、共同で資金を

出し合ったりと、ずいぶんと有利ですね。

 

また、小さなお子様(お孫さん)がいたとすると、おじいちゃん、

おばあちゃんと一緒に暮らすことから、優しさや思いやり、

親切心など、お子様の精神にすごく良い影響を与えるそうです。

 

また、親世帯の人生経験を子世帯ご夫婦やお孫さんに伝えていく

ことによって、社会的常識や慣例なども伝承していくことができます。

 

親、子、孫―――、ご家族皆さんが寄り添い会って、

助け合って生活をしていくということは本当に良いことですね。

 

 

そんな素晴らしい二世帯住宅。

まずは、どんな形があるのかを把握しましょう。

 

二世帯住宅の形には大きく分けて3ッのパターンがあります。

そして、それぞれに間取りを考えるときのポイントがあります。

(呼び名は私たち流ですよ)

 

①共有型二世帯住宅

玄関、LDK、お風呂などを共有して、寝室だけをそれぞれの世帯に

分けたもの。親世帯の寝室の位置が重要なポイント。陽当りの確保と

生活時間の差による音の問題、トイレの位置を考慮したいところです。

 

②部分共有型二世帯住宅

玄関など一部を共有。キッチンやお風呂は個別に造るといったものです。

食事など、生活時間の差によるストレスがなくなり、気兼ねしなくて

すみます。時には別々で、時には一緒に食事ということも楽しいと思います。

玄関がひとつですから、お留守にする時にお互い声がけが有効ですね。

 

③独立分離型二世帯住宅

玄関ふたつ、LDKもお風呂もそれぞれというのがこのタイプです。

二つの家がドッキングしたと考えるとわかりやすいですね。

お互いの行き来は玄関ホールの一つのドアで行います。

普段は開けておき、お出かけの時だけカギを閉めるといった具合です。

生活時間の違いも解消され、それぞれが独立した形で生活ができます。

 

といった感じです。

 

あなた様の理想とするカタチは見つかりましたか?

 

次回は、間取りを組む時のポイントをお伝えしたいと

思います。(一回では長すぎますものね(笑))

 

大きく言えば、親世帯と子世帯の生活時間の違いを

解決することがポイントです。お楽しみに☆

 
 
2017.03.26

 

皆さま、こんにちは!「お湯がもったいない!」と娘に叱られる建築士、小林です。

下の娘は、なぜか私に高圧的で、つっけんどんで、命令口調なです。

「年頃だから…」と言えばそこまでなのですが、男親の私としては、ちと、さみしい。

好かれたい気持ちと、動揺を見抜かれたくない気持ちで揺らぎます(笑)。

 

そんな娘も、おじいちゃん、おばあちゃんには、たいへん優しいのです。

 

ウチも「二世帯住宅」。親世帯、子世帯(私たち)、娘たちで正確に言うと3世帯。

娘が小さな頃から、学校に送ってもらったり、買い物に連れてってもらったり、

お小遣いをもらったりと、おじいちゃんやおばあちゃんに甘えてばかりでした。

 

そんな二世帯、三世帯の生活は、私にとっては、助かることばかりで

本当にありがたいことです。

 

 

サティスのお客様に中にも、二世帯住宅をお考えの方がいっぱいいます。

お家はただの箱。でも、明るく住みやすく、より仲が良くなる間取りなら

二世帯での生活に「プラス」にすることができると思うのです。

 

そんなことで、次回のブログでは「快適な二世帯住宅をつくる方法」と題して

二世帯住宅の性格から、つくる時のコツなどをお伝えしていきますね。

お楽しみに~

 

 
 
2017.03.25

(この土・日もたくさんのご予約を戴いております、ハウジングカウンター。本当にありがたいことです)

 

皆さま、こんにちは! 活躍の分だけ食べる建築士・小林です!

私が太ってきたということは、すなわち、大きな活躍をしているということ。

「勝ち誇りっ!」って、反り繰り返ると、おなかがつき出ちゃいます(笑)。

 

「家づくりで何かご不安はございませんか?」

と言って、皆さまにご案内しているハウジングカウンター。

 

家づくりの不安や疑問に対して、懇切丁寧、親切にお答えさせて戴いています。

ご利用になられるご家族様は、家づくりがこれから始まる方から、

すでに進んでいてアチラコチラの住宅会社を回られて検討中の方まで、

様々な方がおみえです。

 

(笑ってても笑ってなくても笑顔に見える、吉原新也。彼も家づくりのプロです)

 

ご質問の内容も様々。

素朴で率直なご質問もあれば、国の補助金や市の支援制度、金利や返済、

ゼロエネルギー住宅から、デザインのお話まで、多岐に渡ります。

 

深く入り込んだご質問には、プロらしくお応えして、そこから

家づくり談義が盛り上がることもあります。

逆に、素朴で率直なご質問には、わかりやすくかいつまんで

できるだけ専門用語を使わないようにご説明させていただいています。

 

(家づくりアドバイザー、佐々木真吾。彼の子煩悩ぶりはサティスの中でも有名です)

 

「住宅ローンって、どうやって申し込むの?」

「土地は、誰に頼んだら買えるの?」

「家づくりって、何から始めたらいいの?」

 

そういった「家づくり始めたばかり」のご家族様は

決まってこうおっしゃいます。

 

「誰に尋ねていいのやら・・・聞きにくくって。」

ご質問が素朴で簡単そうにお感じになられるのでしょうか?

尋ねにくい、そういう、障壁があるようです。

 

でも、全然、かまいません!

 

(中勢地区と故郷の員弁地区を担当している川瀬晋クン。融資のことならお任せを)

 

でも、だからこそのハウジングカウンターなのです。

ご質問がどんな風であれ、心の中に感じた疑問や不安であれば、

どんなことでも全然かまわないのです。ご質問ください。

 

私たちは、皆さまの家づくりが「少しでもうまくいくように」が

目指している一番のテーマです。

 

たとえ、どこの住宅会社でお建てになられようともかまいません。

ハウジングカウンターで、少しでも家づくりの安心につなげて

いただけたとしたら、私たちは嬉しいのです。

 

家づくりの強い味方!ハウジングカウンター。

ぜひ、ご遠慮なさらずに、お気軽にお尋ねくださいね。

 

さて、今日も一日、がんばるぞ!

(着ぐるみの職人さんたちとたわむれる小林。ボクも時々登場します、ハウジングカウンター)

 
 
2017.03.24

 

 

皆さま、こんにちは!自分では太っていないつもりの小林です!

今週も、土・日曜日にたくさんのお客様が打ち合わせにご来店くださいます。

本当にありがたいことです。

ハウジングカウンターもご予約をたくさんいただいています。

皆さまの家づくりが充実しますように、スタッフみんなで一生懸命

やっていきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

ところで、やっぱり、健康が一番ですね!

 

なんでかって言うと、先日、私、急に胸が痛くなって、

「おかしいな~」とか言って笑っていたのですが、

「大事をとって救急で行きましょう!笑」なんて

スタッフが言うものですから(心筋梗塞の疑い???)、

念のためにお医者さんに診てもらいました。

 

レントゲン、CT、血液検査、心拍、心電図、、、

機関銃みたいに連続で検査をして、、でも、

「うむ、わからん・・・」あとは心臓の検査だけだと

お医者さんが「そうだっ!カテーテルしましょう☆」だって。

 

「何?なに?それ?カーテンなら標準でついてますけど?」

 

そうです。心臓の周りの血管を調べる検査なんですって。

「そうだっ!」って、京都に行くCMみたいに言っちゃって。

 

太ももの付け根の大きな血管からハリ金のような線を通して、

心臓の付近に行き、薬液を噴射して、それを映像で撮って、

血管につまりがないか?確認するんだって。

 

聴いているだけでは、「ふ~ん。そうなの」って感じだったんですけど、

検査台に乗ったら、「スゴい!大げさ」で、高そうな設備があって、

「ひゃぁ~」って感じで、すごいことになっているんだと

初めて実感しました。ドキドキです。

 

でも、検査自体はアッという間に終わりました。

 

先生がマスクを外しながら私に近寄って来て、

横になっている私の耳元でこう言いました。

 

「小林サン、100点満点! GooD!」

 

「意味わからんわ!ドキドキさせて!」と思いましたが、クチには出せません。

「先生、ありがと☆」とニッコリささやいておきました。

 

でも、「100点満点」ということは何も心配がないってこと。

そして、お医者さんからお墨付きを戴いたようなものです(Lucky~)。

 

まだまだ頑張るぞ!と心に強く思う、わたくしでした。

やっぱり健康が一番ですね☆

 

 
 
2017.03.18

【新鮮野菜で笑顔と健康プロジェクト】 

「コレ、戴けるの?! 美味しそう♪」 

並べられた新鮮な野菜たちを手に取りながら、嬉しそうに話してくれました。

「いま、お野菜、高いからねぇ~」と。

 

そうですね。

皆さま、こんにちは!お野菜にハマッている小林です。

私、スーパーにお買い物に良くいきます。物色しながら、買うのが好きなのです。

ですから、お野菜のお値段も良く掴んでいます。最近、高いです。。。

おっと、話題はコレではありませんでした。

今日お話したいのはコチラです。

 

私たちは、「新鮮野菜で笑顔と健康プロジェクト」と題して、

採れたての新鮮野菜を見学会や家づくりラボで皆さまにお配りしています。

 

 

サティスのお友だちのようなお付き合いの中島さん。

新鮮野菜の販売をお仕事としている彼は、日本全国の農家を回って集めた

「とれすぎた野菜」を、有志の仲間にお値打ちにして販売しているのです。

 

その新鮮野菜を、今度は私たちが皆さまに

お配りしているという流れです♪

 

 

農家の皆さんは、胸を張って良いものを作っているにもかかわらず、

宣伝や流通に弱いという側面があります。

 

そして、時期によって採れ高の違う野菜は、ロスなく流通に乗せ、

販売するということが難しいのです。

 

もったいないの精神とおすそわけの心―――。

 

この考え方で、私たちサティスホームは、新鮮野菜を皆さまにお配りし、

作り手もウレシイ♪、買い手も安くてウレシイ♪、食べる方も美味しくて

ウレシイ♪ 3方向Goodのカタチができあがります。

 

素晴らしい~!(自画自賛ですね(笑))

 

 

 

食卓に新鮮野菜が並び、笑顔があふれ、食べて体が健康になる、

そんな幸せを運ぶプロジェクトなのです。

 

食の安全がささやかれている昨今、家族で新鮮野菜を食べながら、

お子様たちに食べ物の大切さを伝えるキッカケになれば、なお、

素晴らしいですね。

 

そんな「新鮮野菜で笑顔と健康プロジェクト」、今度は

4月の見学会で行います。ぜひ、ご参加くださいね

 

 
 
2017.03.14

 

皆さま、こんにちは!「ネギ塩」にはまってしまった小林です!

二日間、桑名と鈴鹿、見学会が大盛況のうちに終了しました。

お越しくださった大勢のお客様、本当にありがとうございました!

 

 

お外で外壁を眺めながら、ウットリとしていたご主人様、

キッチンを手で撫でながら、妙にご納得顔の奥さま、

一段上がりのチャイルドルームの上と下で、

兄弟で呼び合いっこしていたお子様たち、

皆さま、本当に熱心で、家づくりの情熱に圧倒されるほど。

そして、何より、お家を観て回る時の笑顔に癒されました。

 

 

家づくりのヒントは掴んでいただけましたか?

じょうずな間取りの秘訣はお持ち帰りいただけましたか?

皆さまの家づくりに少しでもプラスにしていただけたとしたら

本当に嬉しいです。

 

 

それにしても、いつも思うことなのですが、

コダワリがいっぱいで、使いやすく、ヒント満載の、

こんなステキなお家を会場としてお貸しくださった、

桑名会場のお施主様、鈴鹿会場のお施主様、

本当に本当にありがとうございます!

 

 

大勢のお客様に来ていただくことができたのも

お施主様が大切なお家をお貸しくださったおかげです。

本当に本当にありがとうございます!

これから家づくりを始めらる方々に、一番大きなエールになりました!

 

 
 
1 / 812345...最後 »
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム