家づくりなら安心の四日市サティスホームで夢のマイホームを

家づくりなら安心の四日市サティスホームで夢のマイホームを

2016.11.22

皆さま、こんにちは

目が真っ赤の現場監督の佐熊崇です(笑)

 

会社ではウサギや目玉っていじられます(笑)

でも、病院に行きだいぶ充血が引いてきました。

良かったです♪

 

とある本から失敗しない家づくりの秘訣を引用してきたので

是非、お読みください!!

 

◆大手ハウスメーカーの価格のしくみ

一般的に、住宅といって一番先に頭に浮かぶのはテレビコマーシャルを流しているようなハウスメーカーではないでしょうか?

毎日のように流れる、タレントさんを使ったCMが功を奏しているのでしょう。それだけ、ハウスメーカーは、ブランドイメージを大切にしているのです。

 

大手ハウスメーカーは全国展開しています。ブランドを維持していくために、

宣伝に大きな力を注ぐ必要があります。ある意味では、仕方のない当たり前のことなのでしょう。

広告費·モデルハウス維持費·人件費などといった固定費用にかかる割合は、

我々、ビルダーといわれる地域に根ざした住宅会社のそれとは比較になりません。

 

実話 大手メーカーと地域住宅会社では630万円も違う!

U邸の現状は次の通りです。

木造軸組工法:2階建て二世帯住宅:118.74坪、216.87坪、延べ35.61

家族構成6人親世帯:夫婦(奥さま方のご両親) 70

子世帯:夫婦、長男(中学生)、次男(小学生)

経緯:30年木造家屋の建て替え。建物の老朽化と広さの確保のため新築。

建設地: 風致地区内のため、建ぺい率、容積率(敷地面積に対して建てられる面積の割合)の規制が厳しい地域。

 

U家は、大手ハウスメーカーの展示場に出向き、家族構成、大まかな予算と希望を伝え、プランを依頼しました。

とても楽しみに待っていたそうです。しかし、提示されたものにはがっかりしてしまいました。

延べ293坪の、間取りの狭さと見積もりの高さにです。

 

そこで、以前から広告を目にしていた地元の住宅会社である私どもの会社にも、

同じように依頼してこられました。

でき上がったプランを見て、信じられない、と驚いたそうです。

1回目のプランが42坪もあったからです。2階はそこまで広くなくて良いから、

との希望で2階を縮小し、35·61坪の間取りで再度、見積もりを出しました。

結局、U家は私どもの会社と契約し、建築していただきました。

トータル予算も合い、オプションも最低限つけて、

金額的にあきらめていたウッドデッキも取り入れることができました。

 

標準仕様はさほど差がないうえ、大手ハウスメーカーよりも広い家が、

なんと630万円も安く建てられたと、喜んでいただけたのです。

 

私たちサティスホームはお客様を第一に家づくりしております。

是非、一度見学会に足を運んでみてください!

 

現場監督 佐熊崇

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム