鈴鹿、津市、松阪 お家づくりのご相談

鈴鹿、津市、松阪 お家づくりのご相談

2017.03.25

みなさまこんにちは。

 

サティスホームの谷口佳弘です。

 

気が付けば、もう3月の後半になりましたね。

月日が経つのは早いですね・・・。

 

実家に桜があるのですが、もう咲いていました。

サクランボが実る桜なので、咲くのが早いみたいです。

 

 

耐震・免震・制震の違いは? をご紹介しますね。

一言で「耐震」は地震に耐えること、「免震」は震動から免れることです。

※耐震

建物を頑丈な造りにすることにより、地震によって壊れないようにする

(地震の揺れを防ぐような付属の装置は使わない)

耐震は、建物の骨組みなどを強化し、建物の矩体を筋交いや補強金物等を用い強化し

地震の揺れに対してひたすら耐えるという構造なのです。

※免震

地震などの衝撃が対象物に直接伝わらないようにすることで、

衝撃を最小限にする事を言います。つまり免震は揺れないための技術です。

建物と地盤の間にアイソレータなどの装置を設置し、地震の揺れを伝わりにくくすること。

アイソレータ(isolator)とは、地盤から建物を絶縁する積層ゴムなどを言います。

(積層ゴムは薄いゴムシートと鋼板を交互に積し接着したものです。)

※制震

建物のさまざまな箇所にオイルダンパ装置等の特殊な装置を備えることで揺れを吸収する

(建物の要所要所に揺れを吸収する装置を設置する。)

上記の装置により、制震は、地震時に発生する建物の変形を制震装置が吸収し、

地震エネルギーが建物に伝わりにくく揺れを少なくします。

建物が変形して初めて効果を発揮するので、免震構造より揺れを抑える効果は少ないのですが、

風による揺れも抑えることが出来るという利点があります。

 

一概にどれが一番良いのかは言えませんが、

取付け費用や構造に合ったものを選ぶのが良いかと思います。

 

僕個人の思いは、こういった耐震、免振、制震の商品を取付けするには費用が掛かってしまいます。

取付けて、どんな地震が来ても壊れないというのであればおすすめしますが

壊れにくくなるというものになるので、一度お考え下さいませ。

 

ですが、サティスホームの構造は頑丈に設計されています。

ですので、設備を付ける費用をほかの設備にお使い下さいませ。

詳細は、サティスホームスタッフにお聞き頂くか、構造の見学会に来て見て体験してください。

 

スタッフにお聞き頂けると、丁寧にご説明致しますので

お気軽にお声をお掛け下さいませ。

 

押し売り営業は致しません!がサティスホームのもっとーです。

ご安心くださいませ。

 

家づくりを楽しみながら出来る様、お手伝いさせて頂きます。

 

今日はここまでにしておきますね。

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。

 

サティスホーム

谷口佳弘

 

資料請求はこちら

今までのお家の写真はこちら

見学会情報はこちら

 

三重県の信頼工務店 株式会社サティスホーム

本社:〒510-0828 三重県四日市市石塚町8-24
TEL 059-351-1376 FAX 059-351-4317
中勢営業所:〒514-1108 三重県津市久居射場町46番地萩野ビル2階
TEL 059-254-5547 FAX 059-254-5548
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム