家具のインテリアについて

2017.04.22

みなさまこんにちは。

 

サティスホームの谷口佳弘です。

 

桜の花も散り、葉桜になりましたね。

 

本日は前回のお話の続きをさせて頂きます。

 

今回は「空間」についてです。

 

狭い部屋に家具がギュウギュウなのは圧迫感を感じます。
でも逆に、広い部屋に家具がポツンポツンと置いてある部屋だと、

殺風景すぎて不安を感じてしまうこともあります。

 

部屋の広さに対して、理想の家具の占有率は3分の1

6畳間であれば、家具は2畳分ということになります。

 

狭い部屋に広がりを作るには、まとまったスペースの確保が大切です。

例えば、床の見え方で部屋が広く感じることもあります。

 

その為には家具を壁際にまとめてレイアウトしたり、最低限必要な家具だけを使うと

割り切って、家具の専有面積を確保するということも考えられます。

 

また、床に座るスタイルを取り入れて、椅子などを使わないことで家具を減らせば、

同じ空間でも広く感じることもあります。

 

レイアウトする家具を目線よりも低い高さのものに統一すれば、部屋の空間が

より広く感じるようになります。それに、景色を見通せる空間があれば、プラス効果が生まれ、

より広さのある部屋作りがしやすくなります。

 

同じ家具でも、レイアウトによって違ったイメージやスペースづくりができます。

デッドスペースをなくして、使いやすいインテリアにすれば、気持ちに余裕が生まれます。

 

また、奥行きのない家具を選ぶことで、部屋の広さをより確保することもできます。

部屋全体の広さを考えながら、家具の大きさや形状なども考えるといいと思います。

 

■空間作りのポイント

部屋の広さに対する家具の占有率は3分の1

家具はまとめて配置する

座スタイルを取り入れる

目線よりも低い家具で統一する

奥行のない家具を選ぶ

 

この5つのポイントを取り入れると良いと思います。

 

今日はここまでにしますね。

次回は「統一感」についてお話させて頂きます。

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。

 

サティスホーム

谷口佳弘

 

資料請求はこちら

今までのお家の写真はこちら

見学会情報はこちら

 

三重県の信頼工務店 株式会社サティスホーム

本社:〒510-0828 三重県四日市市石塚町8-24
TEL 059-351-1376 FAX 059-351-4317
中勢営業所:〒514-1108 三重県津市久居射場町46番地萩野ビル2階
TEL 059-254-5547 FAX 059-254-5548
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム