家具のインテリアについて

2017.04.26

みなさまこんにちは。

 

サティスホームの谷口佳弘です。

 

日中は汗ばむ日が多くなってきましたね。

でも、朝晩はまだ肌寒くなっておりますので

お風邪などひかれない様、お気を付けくださいませ。

 

さて、先日に続きインテリアについてのお話させて頂きます。

 

今回は「統一感」です。

 

生活をしているうちに物が増え、引っ越し以来何年ぶりかに収納棚を買った。

でもそれを置いてみたら、違和感が出た。

 

そんな経験はありませんか?

 

家具はインテリアテイストなどが同じものを選んでおいた方が

インテリアに統一感が出て、センスの良いイメージに仕上がります。

 

大きさやデザインが違う家具の置場に困った時は、思い切って前面に

ロールスクリーンを下ろして隠すのも一つの方法です。

 

この際、側面からもちぐはぐな家具が見えないようにサイドを

パーテーションで隠して収納コーナーにすれば上手く行きます。

 

ロールスクリーンとパーテーションは無地かナチュラルカラー、または壁の色に近いものを選ぶと良いでしょう。

ロールスクリーンの面積は大きいので、調和しない色や模様が入ったものにすると

唐突な印象になり、統一感が無くなります。

 

家具の高さや奥行を揃えることも統一感のあるインテリア演出のポイントです。

 

背の高さに凸凹があったら、一番背の高い家具の上に天板を乗せ、

サイドも囲うと、高さの違いが気にならなくなります。

 

低めの家具なら、天板を伸ばせばカウンターとしても使えて、利用範囲が広がります。

奥行の違う家具は、一番奥行のある家具に前面を揃えて並べると良いです。

 

統一感を出すポイント

■家具がバラバラの時はロールスクリーンを使う

■家具の高さが違う時は一番高い家具に天板を乗せる

■奥行が違う家具は前面を揃える

 

この3つのポイントを実践すると統一感のあるインテリアになりますよ。

是非、参考にして頂けれると幸いです。

 

今日はここまでにしておきますね。

次回は「一点集中」についてお話させて頂きます。

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。

 

サティスホーム

谷口佳弘

 

資料請求はこちら

今までのお家の写真はこちら

見学会情報はこちら

 

三重県の信頼工務店 株式会社サティスホーム

本社:〒510-0828 三重県四日市市石塚町8-24
TEL 059-351-1376 FAX 059-351-4317
中勢営業所:〒514-1108 三重県津市久居射場町46番地萩野ビル2階
TEL 059-254-5547 FAX 059-254-5548
資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム