間取りの豆知識

間取りの豆知識

2017.04.06

みなさま、こんにちは、サティスホーム川瀬 晋です。

先日、待望の息子が誕生しました、川瀬 晋です。

ホント、可愛くてしかたない今日この頃でございます。

 

先週末、個別で勉強会をさせていただきました。

お越しいただいたお客様、本当にありがとうございました。

感謝いたします!

 

その勉強会でたくさん質問いただいた内容があります。

 

「リビング階段はどうですか?」について書いてみますね。

子育て世代の方の悩ましい項目の一つですよね。

リビングの中に階段を設けるか、リビングの外に階段を設けるか?

 

どちらもいいですよね。

ですので、メリット・デメリットを見ていきます。

 

まず、リビング階段の一番のメリットは、

家族がリビングで顔を合わせる事が増える事です。

リビングを通らないと2階に上がることができないので、

必然的に家族が顔を合わせる機会がふえるんですね。

 

そのため家に誰がいるのか把握しやすいですし、

お子さんが夜勝手に出歩いたりするのをかなり防ぐ事ができます。

やはり顔が見えるのに堂々と夜遊びに行きづらいですよね。

 

もちろん、

リビング階段だけでお子さんが夜遊びをしないとかグレるのを防げるという訳ではありません。

グレるがどうかは教育、しつけなどお子さんに対する接し方もとても重要だからなんですね。

 

でも、リビング階段で強制的に顔を合わせる家になる事で、

少なくとも子供の顔色であったり様子は分かるようになります。

リビング階段にする事で子供を気にかけるきっかけが増えるので、

お子さんのちょっとした変化にも気付きやすくなるという事なんですね。

 

その他にリビング階段にした時のメリットとして、

階段がリビングにあるので部屋が広く見えるという効果があげられます。

階段をLDKに取り込めるので、実際のLDKの広さよりも広く見えるようになるんですね。

階段自体も階段の下を壁にしたり収納にしたりするのではなく、

オープンな階段にしてあげることでさらに視界は抜けるようになります。

かっこいいリビング階段にしてあげるだけで部屋がグンとお洒落に見えるんです。

 

また、吹抜けとも相性が良いので、

吹抜けをつくるなら合わせてリビング階段にするのも良い方法です。

リビング階段のデメリットを見てみましょう。

まず、リビング階段のデメリットでよく話題に上がるのが、

リビング階段は寒いという話です。

確かにリビング階段の家がよく造られはじめた頃、

リビング階段にすると寒いという声を聞く事が多くありました。

家の断熱、気密性能についてそこまで重要視されていなかったので、

リビング階段にすると家が寒くなってしまったんですね。

 

ただ、今は断熱、気密性能の高い家が多く、

「リビング階段にすると寒い」と言う会社は自分の会社の性能は悪いですよ

と言っているのと同じという時代になりました。吹抜けが寒いというのも同じですね。

そのため、リビング階段にするなら断熱、気密性能の高い会社で家をたてるのが必須となります。

ただ、いくら性能が良くても玄関に吹抜けがある家が寒い家になりやすいように、

家の間取り次第で暑い、寒いなんて事が起こる場合があるので、

リビング階段にしても問題ない間取りにするのも重要になります。

 

また、いくらリビング階段が寒くないと言っても、

部屋が暖まったり冷えるにはリビング階段の方が時間が掛かります。

暖めたり冷やす体積が多いからなんですね。

これはリビング階段のデメリットと言えます。

他には、ニオイや音に関してもリビング階段の方が2階まで伝わりやすくなります。

(反対に1階から声をかけやすいというメリットもあります)

 

さらにはお子さんが小さい時はいいですが、

お子さんが大学生から社会人になってくると

「リビング階段はちょっと微妙」と思い始める事が多くなります。

まぁ大人ですから毎回毎回顔を合わせなくてもと思う訳ですね。

(大人になったら家から出て自立してもらうという方針の家もありますので、

そんなに気にするデメリットではありませんが・・)

 

もうひとつ、意外に住んでみるまで気付かないリビング階段のデメリットを1つご紹介しておきます。

リビング階段の家は家族がリビングに集まる事が多いですし、

お客さんやお子さんの友達もリビングに居たり通ったりする事になります。

言ってみれば、リビングに全ての人が集まったり通ったりする訳ですね。

そうなってくると、リビングが汚いとちょっと締まらない家になってしまいます。

そのためリビング階段の家はリビングをいつも奇麗にしておかないと、締まりのない家になってしまいやすいんですね。

 

また、休日にパジャマのままリビングでゴロゴロしていて、

子供の友達が「こんにちは」と遊びに来ると、ちょっと気まずいですよね。

子供の部屋にすぐ行ったとしても、

リビングでゴロゴロしている姿を見られてしまうのは気持ちいいことではありません。

 

何かだらしないお父さんに見られてしまうことも・・。

そのため、誰か来る事があるのかどうかを確認すると

か休みの日もある程度身だしなみを整えるなど、

ダラ〜とした感じではなく多少緊張感を持って生活する必要が出てきます。

この辺りがストレスになるのか、それともメリハリがつくので逆に良いのか。

(ダラッとするのは寝室だけにするなど)

リビング階段にする場合はこのあたりも重要なポイントなんですね。

本日はここまで。

もっと詳しく聞きたい方はいつでもおっしゃってくださいね。

FullSizeR

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム