もちつき大会 

もちつき大会 

2017.01.09

みなさまこんにちは、お餅みたいにふっくらしてきたサティスホーム小林大将です。

もうすぐ見学会です!

佐々木真吾君のお家です。見どころはほかのスタッフのブログを見てね!

すごくいいお家です。動線や間取りをご参考にしてあげてくださいね。

今日は、お家を見学してもらった後のイベントを少しご紹介しますね。

今回の目玉はお餅つき大会・ココイチカレー・パッカンです。

その中の一つのお餅つき大会。

志摩市に伝わる伝統の技「恵利原早や餅つき」の

皆さんに実演していただきます。

四日市 楽しい見学会

すごく楽しみですね。

でも、そもそも、お餅つきの由来ってなんでしょうか?

餅つきといえばお正月のイメージが強いですが、

桃の節句には菱餅

端午の節句には柏餅

などがあるように

昔からの日本のお祝い事には餅つきが欠かせなかったのですね。

その中でもお正月の餅つきは特別なんですよ。

年末からお正月にかけての餅つきには

  1. 鏡餅を準備する意味
  2. お雑煮にいれる餅を作る意味

の2つがあります。

この2つは微妙にニュアンスが違っていて、
由来も別のところからのようです。

餅つきの由来は?(鏡餅の場合)

年末には鏡餅を準備するために餅つきをします。

これは、新年の神様である歳神様(としがみさま)をお迎えして、

「今年1年が幸せでありますように」

とお祈りするためなんですよ。

そして

歳神様がお正月の間に落ち着く居場所が鏡餅なんですね。

この鏡餅を準備するための餅つきは古くから行われていて、
奈良時代には神社に鏡餅がお供えされていたようです。

まずこれが、餅つきの宗教的な由来ですね。

もう一つはどういった由来なのでしょうか?

お正月の鏡餅の意味

餅つきの由来は?(お雑煮餅の場合)

鏡餅と違って、
お雑煮に入れたり、焼いて食べるお餅もありますよね。

このお餅の由来は稲作農家の食文化にあるといわれています。

民間に広く普及していた文化で、
農民たちは、お祝い事の度に餅つきをしていました。

お餅には神様からの魂が宿り、生命力が与えられると
言い伝えられています。

昔の農民のお年玉はお金ではなくて、
丸いお餅を振舞っていたんですよ!

神様からの魂(お年魂⇒お年玉)をいただく料理が
お正月に私たちが今でも食べるお雑煮なんですね。

このお雑煮に入れる丸餅に関しては、
新年を迎えてからも、おめでたいという理由で餅つきが行われます。

新年だけではなく、年中おめでたい時には
餅つきが行われる風習が今でも残っています。

ここが鏡餅と違うところですね。

この意味を少し頭に入れながら、1月14日15日

佐々木真吾君完成見学会に

お越しいただき、

「恵利原早や餅つき」

ご覧くださいね。

img_1435

小林でした。

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム