自分たちが建てたい家ってどんな家?

2017.10.06

こんにちは、小林です。

今日はあいにくの雨ですね。

 

私も今日は事務所で間取り図面を書き書きしております。

 

これからお家を建てようとお考えの皆さま、

自分たちが建てたい家ってどんな家ですか?

 

今では

インターネットを開くとすぐにたくさんの間取りが出てきますよね。

ボタンをぽちっ!とすれば

素晴らしいカタログやいろいろな間取りが

掲載されている間取り集を取り寄せることもできます。

 

ハウスメーカーさんのモデルハウスにいってももらえます。
バリエーションが豊富で間取りもいっぱいのっています。
でも、いざ自分の家となると・・・。

 

「ここがちょっとなあ」とか

「ここにはシューズクロークが欲しい」とか

「子供部屋が2部屋じゃ足りない」とか

「キッチンにパントリーがほしい」とか

「リビングアクセス階段にして子供の成長を見ていたい」とか

 

不満や気づきに思うことがたくさんでてきます。

ピッタリと自分が気に入った間取りはなかなかできないですよね。

 

家は3回作らないと理想の家にならない!

 

と格言があるくらいですもんね。

 

一回目の家  新婚の家

二回目の家  子育て時代の家

三回目の家  老後の家

 

こういう理由で家は3回建てないと理想の家にならないというのです。

家が完成してから後悔しないように

たくさんの生活スタイルをご家族みんなでお話して間取りを考えましょう

 

※間取り作りのポイント※

家族で会議をしてみる。

今まで気づかなかった家族の事を知るチャンスです。

 

お家づくりは『楽しくなくっちゃ』が最大のテーマです。

 

ご家族みんなで笑って怒って悩んで

家族の生活リズムを知って

5年後10年後20年後も想像して

ステキなお家をつくりましょうね。

 

小林でした。

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム