不満をまとめたら、見学会に行こう~ その②

不満をまとめたら、見学会に行こう~ その②

2017.04.07

みなさまこんにちは、花粉の季節ですが、まったく花粉症とは縁のない

サティスホーム小林大将です。

みなさまこの花粉専用マスクご存知ですか?

その名も「花粉を水に変えるマスク」

ハイドロ銀チタンテクノロジーはすごいそうです。

↑約1000の病院の空気清浄機フィルターに使用されている技術だそうです。

 

さてさて、今日も前回の続きパート2をいきましょう!

 

◆見学会は、スタッフの「人となり」をみる、いい機会

 

見学会で得られる情報の中に 「会社の姿勢」があります。

会場では、営業マンをはじめ、その会社のスタッフが総出で接客に当たっていますから、

「人」を見れば、会社のスタッフの「人となり」がわかると思います。

・営業マンがどんな風に接してくるのか?

・受付や駐車場係など,営業マン以外のスタッフの対応は?

・同じ会社で働いている職人さんが手伝っているか?

また、その人たちの態度は?

・現場監督さんがいたら話してみてください

(その会社に頼むときは、その人が担当になるかも)

これらのポイントに留意して、見学会場に来ている人を見てください。

 

見学会に参加したとき、

最初に接する営業マンの印象や対応の仕方を好ましいと思うか否かが、

あなたが住宅会社を選ぶ重要なファクターになると思います。

 

こちらが聞きたいタイミングで説明に答えてくれたり、

的確なアドバイスをしてくれれば、好印象ですね。

 

でも、自由に見たいのにしつこくつきまとったり、

聞いてもいないことをうるさく説明されたりしたのでは、

閉口してしまいます。

 

そんなときは、「今日は見に来ただけですから」

とはっきり言いましょう。

 

「何かご質問があったら、気軽に声をかけてください」と

言ってくれる営業マンであればいいですね。

 

営業マンがお客さんに対して親切なのは当たり前ですが、

営業マン以外の他のスタッフも同じように、

親切に対応してくれるかどうかを見てほしいと思います。

 

来場者に対して、

営業マン以外のスタッフがどんな対応をしているかを見れば、

会社としての姿勢がうかがえます。

 

そしてチャンスがあれば、少しお話をしてみてください。

たとえば、

会場になっている家の家族について聞いてみてもいいでしょう。

「この家にお住まいの方は、どんなご家族ですか?」

「何人家族ですか?」と。

聞かれたスタッフが、目をキラキラ輝かせて

「この家を建てたお客さまは……」と話し始めたら最上の対応です。

 

もし家族構成を把握していなかったり詳細な情報はわからなかったりしても、

笑顔で「担当者にちょっと聞いてきますね」などと、

その対応がよければ社内の連絡は密に取れていて、

会社全体でその家づくりに取り組んでいると判断できます。

 

反対に「担当の営業に聞いてください」などの返事であれば、

依頼先の候補からはずしたほうがいいでしょう。

 

見学会の中には、職人さんや現場監督さんが来ている場合もあります。

職人さんが見学会のお手伝いに来ているようであれば、

それは職人さんと会社との関係が協力的で良好な証といえるでしょう。

実際に家をつくっている人が顔を出しているということですから、

依頼する側としても安心できますね。

(家づくりは楽しくなくっちゃ!が大工さんみんなの合言葉!!)

 

さらに、機会があれば、現場監督さんともお話しできるといいですね。

営業マンと違い、監督さんは営業する必要がありませんから、

お客さんに対して必要以上に媚びることはしません。

(監督はもちろん、サティススタッフはみんな、家づくり・建築が好きだから!)

 

そんな立場にある監督さんの話を聞けば、会社の真の姿勢を感じることができると思います。

建築が始まると現場を仕切るのは現場監督さんです。

 

言葉のキャッチボールがきちんとできる方であれば、

建てる側の希望や疑問にも応えてくれることでしょう。

 

気に入ってその住宅会社に依頼しようとなったら、

その監督さんを指名してお願いできるかもしれません。

 

◆OBさんに会うチャンス

見学会場には、

その住宅会社で家を建てた経験のあるOBさんが来場していることがあります。

もう家を建ててしまった人が、

なぜ見学会に参加しているのか、と不思議に思うかもしれません。

でもOBさんの中には、その会社のファンになり、

スタッフたちががんばっているから会いに行こうと、

見学会に遊びに来られる方がいらっしゃるのです。

 

また、自分の建てた家に満足して、自分の経験を話したい、

参考にしてもらいたいと思って、見学会に参加される方もいます。

ですから、

そんなOBさんをかけたら、ぜひいてみてください。

・実際の家づくりは、どんなふうに進んでいったでしょうか?

・どんなところに気をつけて、どんなところで苦労しましたか?

・家づくりについて、事前に何を知っていたのがよかったですか?

・今住んでいる家の住み心地はどうですか?

・この会社を選んだポイントは何ですか?

・不安はどのように解決したのですか?

あなたが今、疑問に思っていること、不安に思っていること、

営業マンに話すと、しつこく営業されそうで言えないでいることなと、

住む側という同じ立場のOBさんとなら気軽に話せるのではないでしょうか。

OBさんは、その住宅会社と付き合った場合の、将来の自分の姿なのです。

 

 

そんな見学会が四日市市西日野で完成の見学会を開催します。

(無垢の床材は木の温かみがあり、素足で過ごしたくなりますね。)

 

( 奥様は必見のキッチンからリビング・畳を見渡せる間取り。家事動線も参考にしてください。)

(あこがれのインナーガレージです。雨の日も風の日も雪の日も安心設計ですね。)

 

かっこいい住みやすい暮らしを体験しにきてくださいね~

 

小林でした。

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム