変動金利・固定金利

2018.07.13

こんにちは、小林大将です。

 

本日は、変動金利、固定金利どっちがいいの?

 

家づくりで避けては通れないこと、それはお金です。

 

結論から言います。

 

『どれだけ借りれるか?ではなく、どれだけ無理なく返していけるか?』です。

このことをしっかりクリアして内容を理解しているならばどちらもOKです。

 

しかし、ほとんどの方が住宅ローンの仕組みや内容をしっかり理解していません。

知らないまま、銀行さんや住宅営業さんのおすすめでという安易な理由では

進めるのはやめてくださいね。

 

ここ数年はゼロ金利政策やマイナス金利政策によって

長期国債が戦後最低金利を推移している影響もあり

すごーく低い金利でお借り入れできる時代なのです。

 

ですので、巷では、今こそお家建て時です!と

さまざまなCMなどをご覧になられると思います。

 

住宅ローンには大きく分けると変動金利・固定金利があります。

 

そんな中、2018年7月4日の日経新聞にすごい記事が!

 

2017年度下期に借り入れをした人の56.5%が変動金利を選んだというのです。

変更金利が固定金利を上回ったのは5年ぶりということです。

 

そもそも、マイナス金利などの政策金利については日銀が異次元緩和に踏み込んだ

13年4月以降は物価上昇に伴う将来の利上げを警戒する心理が働き、

固定金利で借りる人が増えてました。

 

その時期は固定金利で低金利を10年間や35年間を確保することで

物価上昇にも問題ないようにとみんなが動いていました。

 

異次元緩和後も物価が思うように上昇していないということに加え

各銀行の固定金利の金利競争が一服した影響もあるそうです。

 

メリットやデメリットをしっかりと

理解した上で変動金利・固定金利を選ばれるのであれば

問題ないと思います。

 

金利がどのくらいまで上昇しても支払いに無理なく耐えることができるのか?

 

さまざまなシュミレーションをしてください。

 

子育て真っ最中のご家族様は、学資保険や幼稚園・保育園に車の買い替えや

家族みんなで食事や旅行。

3歩進んだ将来の生活も見据えてお金のお話しをしっかりしましょう。

 

ちなみに僕も2年前にお家を建てました。(もちろんサティスで!)

住宅ローンは固定金利35年です。

 

お金の話からお家づくりを始めることが大切です。

 

もう一度言いますね。

 

『どれだけ借りれるか?ではなくどれだけ無理なく返していけるか?』が

重要です。

 

サティスホーム小林大将

 

 

ほとんど毎日やってる無料相談会

(銀行では教えてくれない住宅ローンの仕組みもお話ししますよ)

https://www.satishome.com/shiryouseikyu/housing-counter.html

 

7月21日(土)~29日(日)まで完全予約制見学会

(今回のお家はインナーガレージ付きのステキなお家です。)

https://reserva.be/satishome

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
小林大将の家づくりのひととき
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム