ランドリ―スペースの考え方

2018.08.21

こんにちは、小林です。

 

【ランドリースペースの考え方】

 

ランドリールーム=部屋干し部屋という感じでしょうか?

 

最近は、夫婦共働きの時代ですし、お庭に干しておくのも難しいですし

花粉の時期やpm2.5などさまざまなアレルギーに対しても

検討する方がお見えです。

 

そこで、ランドリ―スペースを確保した間取り図面を考えることが

必要になってきております。

 

という訳でランドリースペースの考え方の手順を書いていきますね

 

まず、ランドリースペースに期待することを考える。

 

・友人たちが来た時には洗濯機を見せたくない。

(妙に家庭の裏事情を見られた気がする。友人からしたら、裏事情を見た気がする)

→洗面室はパブリックスペースにしたい

 

・一つの部屋として扱いたい。

(最近では和室を作らないご家族が多いので、その分のスペースをランドリースペースに)

 

・お風呂に入るときには衣類をすぐに洗濯かごに入れれるようにしたい。

 

・洗濯後、干した洋服はランドリ―スペースの近くに配置するWICに収納できるようにする

(朝起きてから、「行ってきます~」までを1F部分ですべてを完結したい

 

などなど、各ご家庭の生活リズムを考えて、要望をたくさん出してくださいね。

 

 

そのあとは、間取りを考え、動線を考える。

 

脱衣室で服を脱ぎ、ランドリールームでかごに入れる。

洗濯したものは干したあと畳んで、WICへ。

最短距離で考える。

さらに、キッチンスペースからの行き来も考えると尚良い。

 

注意することは室内干しで気になることは生乾きなどのイヤなにおいでしょうか?

 

ということで、干すときのポイントは

除湿器や送風機を活用する。

最近ではプラズマクラスターやナノイーなどの機能の付いた器具もあるので

検討してみる。

 

このような流れで、ランドリースペースを考えていただくと

いい間取り空間になるかと思いますよ。

 

 

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
小林大将の家づくりのひととき
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム