センスのいい部屋に住みたい~ 

2018.10.05

こんにちは、小林です。

センスのいい部屋に住みたい! 誰もが憧れますね。

センスのいい部屋を完成されるには、カラーコーディネート知識がちょっぴり必要です。

色の基本や色のルールを知ってもらうことによって、床や壁や内装建具に家具、
カーテンにインテリア雑貨などを選んでいただくのに役にたちます。

 

色の仕組みを知る

色彩学では、
色は色みの無い白、グレー、黒などの「無彩色」と色みのある「有彩色」に分かれます。

さらに有彩色は赤、青、黄色など、色の違いを表す色相に分かれ、
これを並べたものが右の色相環です。

同じ色でも、明るさ・暗さを表す「明度」と鮮やかさの度合いを示す「彩度」
を組み合わせたトーンによって与える印象は異なります。

色選びに加えて、どんなトーンにするかも意識しておきましょう。

 

部屋は広い部分から色を決める。

色選びでは、壁、天井、床など部屋の大部分を占める場所から決めること。
この色がインテリアのベースカラーになります。

変更しずらい部分ですので、飽きないベーシックな色を選ぶのがおススメですよ。

ベースカラーが決まったら、カーテンや家具に使うサブカラーを決めます。
次に雑貨などのアクセントカラーを決めます。

上手なコーディネートの秘訣は
・ベースカラー7割
・サブカラー2割
・アクセントカラー1割
が目安です。

色の組み合わせを知る

部屋の中をスッキリとした印象に見せるには、
色の使い方にも法則を持たせる事が必要です。

主な組み合わせ
・同系色
・反対色
・類似色

この配色パターンをしっておき、自分なりのカラーコーディネートを楽しみましょう。

 

次回は色がもたらす心理的要素についてです~。

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
小林大将の家づくりのひととき
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム