【最高の職人】とはどんな職人ですか?

2018.08.10

こんにちは、小林です。

 

【最高の職人】とはどんな職人ですか?

 

すごく難しい質問です。

 

建築に携わる者として、いつも考えさせられます。

 

漠然と

「技術と心」のこの二つが両方とも高いレベルでバランスが取れている人。

 

こんな答えが一番しっくりくるのかな?

 

「技術」には腕という意味だけでなく、もちろん建築職人としての専門的な知識や経験をも含んでいる。

 

「心」というのは、その家に住むお客様の幸せを心の底から願っているということ。

 

どんなにお客様のためにいい家を建てると情熱を持っていたとしても

技術や知識、そして経験がなければ、決していい家をつくることはできないです。

 

逆にどれだけ腕が良くても、漠然と作業を行っているだけでは、結局いい家はつくれません。

 

一度建てた家は、少なくても30年~35年程度は壊されることなくその場にしっかり建ち続けます。

 

家づくりは地図に残る仕事です。

 

建てさせていただいた家の前を通るとき、

子どもたちに「このお家はとうちゃんが建てたんだぞ!」と胸を張って通り過ぎると職人さん。

 

家づくりはとてもたくさんの工程や職人さんが一生懸命、考えて作った子供のような存在です。

 

出来上がってからもお家の成長やそこに住むご家族の成長を見守りながら

これからも家づくりに携わりたいと思っています。

小林

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
小林大将の家づくりのひととき
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
サティスメンテナンス日記
現場パトロール日記
フェイスブック
インスタグラム