U F O

U F O

2016.08.28

先日の現場回りの最中ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真にUFO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が写っていましたよ!!!

(この写真はイメージです。僕が撮った写真ではありません。)

ufo27827871783783[1]

 

 

 

ご興味おありの方、みえましたらこそっとお見せ致します。

教えてくださいね。

 

飯田です。

 

本日は『税金』です!

お家づくりにをご検討されるにあたり

知って頂いていた方が良いと思います。

 

お家を建てる際、ご入居されてからは、さまざまな費用がかかります。

印紙税や登録免許税などもその一つです。

 

では順番にいきましょう。

 

 

①印紙税

土地売買契約、工事請負契約(建物)を交わす際に契約書に貼って納税します。

 

不動産会社さん、建築会社さんとの契約書を交わす時には

契約書金額の金額に応じた印紙を貼って消印を押すことで

印紙税を納税します。

2018年3月31日までの契約は税額の軽減が受けられます。

(1000万円超5000万以下 1万円)※軽減時

 

 

②消費税

これは皆さまもご存知の税金ですが

建物の工事費には8%の消費税がかかっていますよね。

 

土地代は消費税が非課税ですが、建物の工事費には税金がかかります。

金額が大きいだけに税額も百万円単位でかかります。

先日10%への税率引き上げが延びましたよね。

しかし、いざ10%になった時は大きな税金がかかりますね。。。

 

 

③登録免許税

土地、建物に『登記』をする際に、評価額に応じた金額を納税します。

 

土地や建物を取得するときには、所有権の登記手続きが必要です。

また、住宅ローンを借りられるときも、土地、建物に抵当権の登記が

必須になり、その際に登録免許税がかかります。

土地、建物の価格(評価額)やお借入れ額(債務額)に税率を掛けて

税額が算出されます。

(※一定の条件を満たせば税率が軽減される場合もあります)

 

 

④不動産取得税

不動産を、ご取得される際に課せられ税金です。

 

土地や建物を取得するときにかかるのが、不動産取得税です。

土地、建物それぞれの評価額に税率を掛けて税金が計算されます。

面積が一定の条件を満たし、建ててから一定期間以内に申告をすれば

土地、建物共に軽減措置をお受けいただけるので、是非確認したいですね。

 

 

⑤・・・

 

 

・・

 

 

 

 

とあと⑤~⑦まで続くのですが、お客様とのお打合せの時間になりましたので

続きは次の機会に書かせて頂きますね。

 

 

お家づくりをされる前に、知って頂いていると

得をする情報などなど

 

どんどん発信できればと考えておりますよ。

 

 

 

リクエストなどもございましたら、教えてください。

 

飯田

 

 

 

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム