お話の続きです。

お話の続きです。

2016.08.29

昨日の『税金』についてのお話の続きを

本日行かせて頂きますね。

 

 

前回の内容は

前のブログ記事ご確認頂ければと思います。

 

 

⑤固定資産税、都市計画税

不動産を所有している人は毎年納税して頂く事になります。

 

毎年1月1日時点で土地、建物を所有している人には課せられるようになります。

お家を建てると、翌年から自治会からの納税通知書が届くようになるのです。

土地は面積に応じて、建物も床面積が一定の条件を満たせば軽減措置も

受けて頂けますよ。

軽減の為に必要な申告などの手続きは、おおよそ不要な場合が多いです。

 

 

⑥所得税、住民税(住宅ローン控除)

住宅ローン残高に応じて、10年間の所得税が軽くなる!

 

住宅ローン残高に応じた額が、最長10年間にわたってお客様の所得税から

控除されるのが、住宅ローン控除です。

現行制度では、住宅に2019年6月末までにご入居されると、最大で400万円

(認定住宅は最大500万円)の控除が受けれます。

所得税から控除しきれない分は住民税からも一部控除が受けられます。

 

 

⑦贈与税

2017年9月までの契約は最大700万円まで非課税

 

2017年9月末までの住宅取得にかかる契約で、ご両親などから資金を贈与されると

最大700万円まで非課税となります。(性能、質の高い住宅は1200万円)

2016年10月からの契約で、消費税が10%の場合の非課税枠拡充は消費税率引き上げ延期に伴い

実施時期が変更される見通しだそうです。

 

 

 

長々と書かせて頂きましたが、やはりむつかしいです。

 

mig[1]

 

 

 

また、ややこしいですね。

 

すごく簡単に書かせて頂いておりますので

自治体、大きさ、時期、内容、等々

条件によって異なって来る事もございます。

 

 

お詳しくお知りになりたいお客様、いつでもご相談くださいませ。

 

 

ちなみに、全てで①~⑦までご案内をさせて頂きました。

この内①~③はご入居までにかかって来る税金でございます。

 

 

 

 

 

お客様のご計画に応じて、ご相談させて頂きます。

お気軽にどうぞ!!

 

 

失礼いたします。

 

飯田

 

 

 

 

 

資料請求はこちら
現役工務店社長が語る楽しい業界ウラ話
飯田裕介の建舞日より
小林大将の家・トン・チン・カン物語
川瀬すすむの家づくりススムくん
佐々木しんごの小さなささやき楽しんご
家づくり情報ブログ中勢電波塔
現場監督の燃えよ!現場だましい!!
現場なでしこ男勝り奮闘記
家づくり情報さえずりピーチャンズのサティスレディース
家づくり品質向上ラボ
フェイスブック
インスタグラム